【ラジオ活用術】リスニングレベルの上げ方とTOEIC攻略【脱初心者のカギ】

『7日間無料』最強アプリTOEICスタディサプリENGLISHでTOEIC900点超え

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)の公式サイトへ

リクルート社が出している大人気アプリ、スタディサプリENGLISH

今なら7日間無料できるトライアルもあり。 

8月24日(火)16:59までの期間限定で通常月額1,980円→980円になるお得なキャンペーンも実施中。

途中解約もOK。まずは無料でお試し!

【この記事を読む前に】なぜTOEICでのスコアが必要ですか?

あなたがTOEICでスコアを必要とする理由は何でしょうか?

 

「とりあえずTOEICで高得点取っておけば後々に役立ちそう」

「海外旅行で英語をペラペラと話してみたい」

 

残念ながらこのような方はTOEICを受けること自体考え直した方が良いかもしれません。

無駄。とまでは言いませんがとても非効率的です。

理由としては大きく2つ。

1. TOEICの勉強は少なからずツライ

「とりあえず」という理由から始めると続きません。

TOEICでスコアを取らなければ自分のやりたいことが出来ない。

くらいの理由が無ければ挫折してしまうでしょう。

TOEICありきではなく、目的ありきのTOEICです。

2. 話せるようになりたいなら断然、英会話

TOEICはそもそもビジネスで使える英語力を試す試験。

海外旅行などで使う日常会話を学ぶ方法として不向きです。

コミュニケーションを取るための英語であれば英会話を選択すべき。

その方がずっと効率的に目指すべき自分に近づけます。

【序章】ここからが本編

英語力の判断材料でもあるTOEIC。

日本でもTOEICのスコアを基準に採用する企業が多いですよね。

 

しかし多くの日本人が苦手とするリスニング。

読み書きはそれとなく出来るけど聴き取りがどうしても出来ないという方は多いのではないでしょうか。

リーディングだけでスコアを伸ばすことが困難なTOEICでは致命的ですよね。

 

そこでTOEICの中でも『リスニング』に絞った内容をまとめ上げました。

これから受けようと考えている方、一度挫折してしまった方。

この記事を参考にしてみて下さい。

 

リスニングを制する者はTOEICを制する。

一緒にリスニングを攻略していきましょう!

 

悩める人

転職を考えてるんだけどTOEICのスコアが必要。。

だけど英語力はほぼ皆無だし。。

悩める人

リスニングなんて全く聞き取れない。。

やっぱり英語初心者にTOEICなんてハードルが高すぎて無理なんじゃ。。

そういえばラジオ学習法なんて聞くけど、実際はどうなんだろう?

Kei

TOEICでの実績があれば仕事の幅がグンと広がるね。

ラジオで鍛えるやり方は確かに有名。

まずはその効果から紹介しよう。

【本コラムのコンセプト】

TOEIC ListeningReadingの『リスニングセクション』のみにフォーカスした内容となっています。

・英語初心者から始められるTOEIC対策となっています。

【第一章】ラジオでリスニングは強化できるのか?

退屈なイメージが強いTOEIC学習。

「どうせ同じ英語を聴くならラジオでも良いんじゃない?」

「ラジオの方が楽しそうで続けられそう。」

 

そう考える人もいますよね。

実際、ラジオ学習では以下のような効果が期待できるでしょう。

 

・いろんな英語に触れることで英語の幅が広がる

・ネイティブ英語に耳が慣れスピーディーな英語が聴き取れる

 

やっぱり効果はあるんだ!

さっそく聴いてみよう!

Kei

ちょっと待って。

たしかにラジオでリスニング力を鍛えることは出来る。

だけどTOEICでのリスニングスコアを上げる方法としてはあまりオススメしない。

Kei

それと、初心者が手当たり次第ラジオを聴くと挫折する可能性だってあるんだ。

悩める人

そんなぁ。。

ラジオは好きだから良いと思ったのになぁ。。

やっぱり教材と戦うしかないのか。。トホホ。

Kei

正確に言うとTOEICにフォーカスしたやり方でなければダメなんだ

ラジオでもTOEIC対策は出来るから気を落とさないで!

 

それと、とくに初心者はラジオの選び方も重要。

まずはラジオとTOEICの相性、それとラジオでの初心者あるあるを解説していくよ。

【第二章】リスニングスキルは上がってもTOEICスコアは上がらない?

ラジオでリスニングへの効果はあるのにTOEICへ不向きとはどういう訳でしょう。

3つの理由から解説していきます。

TOEICのリスニングにカジュアルなネイティブ英語は不要

TOEICで使われる英語は教材CDなどで聴くようなもの。

つまり、教科書的で丁寧な英語です。

 

学校の授業などで一度は耳にしたことはあるのではないでしょうか。

ネイティブスピーカーが普段日常的に話している英語とは全く異なります。

 

また、当然ラジオで流れる英語はもちろん現地の外国人が話しているもの。

英語が訛っている可能性もあります。

訛りに慣れてしまうとTOEICでのリスニング英語は別物に聞こえてしまうでしょう。

TOEICはそもそもビジネスで使える英語力を試す試験

冒頭でも述べましたが、TOEICとはビジネス部門で必要とされているもの。

使われる単語もそれなりに難しくリスニングの内容もお堅い雰囲気のものが多いです。

一般的な『楽しい』英語とは言い難いでしょう。

 

ラジオ学習をする場合もビジネスレベルが必須。

『楽しいから続けられるラジオ』の概念とはかけ離れるかもしれません。

 

バラエティ番組のラジオは楽しめるかもしれませんがTOEIC面では効果はイマイチ。

TOEIC本来の目的が薄くなりがちになってしまうのです。

TOEICのリスニングは内容理解だけでは不十分

ラジオを聴く場合みなさんはどのように聴くでしょうか?

当然、最初から最後まで話の流れに沿って聴きますよね。

 

「何を意味の分からんことを。当たり前だろ。」

普通であれば当然そうですよね。

 

しかし、この『話の流れに沿って』聴くことがTOEICとは相性が悪いのです。

頭から終わりまで吟味しながら聴いていてはスコアアップへ繋げることは難しいでしょう。

 

TOEICには攻略のコツがあります。

あらかじめ探すべく答えに狙いを定め聴かなければいけません。

ラジオの内容は理解できてもTOEIC対策としてはまだ甘いのです。

 

MEMO

【TOEICで必要とされる英語】

英語レベル:ビジネス

単語レベル:難しい

雰囲気:淡々と教材的

発音:クリアで訛りがない

【第三章】初心者が陥りがちなラジオの落とし穴

雰囲気だけ味わって満足

イギリス英語のBBC。

アメリカ英語のCNN。

人気の英語ラジオもアプリ1つで聴けちゃいます。

 

英語ラジオってなんだか聴いてるだけでワンランクupしたような気分になりますよね。

日本にいながら海外を身近に感じられます。

 

「英語でラジオを聴いてる自分ってカッコイイ!」

ほとんど理解は出来ないけれどそれでも聴き続けてみます。

 

雰囲気だけ楽しんで学習した気分になるだけではリスニング力アップには期待できません。

本来の目的である『学習』を忘れがちになってしまいます。

ながらラジオで質より量に

ラジオ学習と言われると、おそらく『ながら学習』を想像する方は多いのではないでしょうか。

通勤しながら。料理しながら。

いつでも手軽に聴けるラジオは『ながら』に最適です。

 

さて、移動中にラジオを一つ聴いたとしましょう。

その内容はどれくらい理解できたでしょうか。

 

何となくでも内容が分かれば嬉しいですよね。

聴き取れた部分はごく一部にも関わらず、次々といろんなラジオを聴いてみたりします。

 

しかしこのやり方では現地点のレベルから上へ行くことは難しいでしょう。

分かる箇所だけで満足し、分からない箇所を分析していないからです。

 

なぜ理解できなかったのかを分析し対策。

対策したらまた実践。

聴き取れなかった箇所を聴き取れるまで、同じ英文を何度も何度も繰り返し聴くのです。

はじめて聴いた知らない単語であれば調べる必要だってあります。

 

このようなトレーニングの積み重ねでようやくレベルアップ出来るわけです。

確実に前より鍛えられているはずです。

 

重要なのは『多聴』より『精聴』。

始めのうちはじっくり分析しながら質を高めていくことに努めるべきなのです。

レベル負けで挫折

TOEICの英語レベルはビジネスレベル。

決して簡単なレベルとは言えません。

 

「だったらニュースや経済のラジオを聴けば問題解決!」

このように考える方もいるかもしれませんが、これが大きな間違い。

リスニングを訓練していない状態で実践すると確実に挫折します。

 

知らない単語やフレーズは理解なんて出来ません。

今の自分のレベルより高い英語をいきなり聴いても急成長することは無いのです。

 

英語は徐々にレベルを上げていくことが基本。

レベル1からレベル100にする裏技なんてありません。

 

悩める人

浮かれて穴に落ちるところでした。。

Kei

ラジオ自体が悪いという話ではないんだ。

TOEIC対策と結びつけることが出来ればラジオも十分に活きてくる。

Kei

TOEICの特徴を押さえよう!

まずは簡単にリスニングの流れから紹介するよ。

【第四章】TOEICリスニングセクションの流れ

・Part1~Part4から構成され全100問。

・解答はマークシート方式。

・案内音声も含め全て英語。

Part1:写真描写問題(全6問)

・1枚の写真についてA~Dの説明文が放送される。

・説明文は問題用紙には書かれていない。

・音声は一度だけ。

・ふさわしい答えを解答用紙にマークしていく。

【例題】

 

 

Part2:応答問題(全25問)

・質問または文章が1つ放送され、その後にA~Cの応答文が放送される。

・いずれも問題用紙には書かれていない。

・音声は一度だけ。

・最もふさわしい答えを解答用紙にマークしていく。

【例題】

 

Part3:会話問題(全39問)

・2人または3人の会話が放送される。

・問題用紙には3つの質問とA~Dの選択肢が書かれている。

・音声は一度だけ。

・それぞれの質問に対する適切な答えを解答用紙にマークしていく。

・1つの会話に対して質問は3つ。

・会話は全部で13。

【例題】

【Part4】説明文問題(全30問)

・アナウンスやナレーションのようなミニトークが放送される。

・問題用紙には質問とA~Dの選択肢が書かれている。

・最初のミニトークは書かれていない。

・質問に対する適切な答えを解答用紙にマークしていく。

・1つのトークに対して質問は3つ。

・トークは全部で10。

【例題】

 

全体の流れが把握できると焦らずに済みそう!

悩める人

だけど、こんなに大量の英語を聴いて記憶できるかな。。

Kei

TOEICでは各パートでのテンポがとても重要。

一文一句すべて記憶する必要もないんだ。

次はいよいよ対策!

おすすめのアプリやラジオも一緒に紹介するよ!

【第五章】TOEICは要所だけ押さえるべし。

TOEICではいかに時間をかけずに解答できるかがポイント。

じっくり時間をかけて考えている余裕などありません。

極論、解答に必要な情報さえ分かれば嫌でもスコアを獲得できます。

 

ここではPart1・Part2の短文とPart3・Part4の長文に分けた対策をご紹介。

さらに全Part共通の注意点も解説していきます。

【Part1・Part2】まずは単語。次に文章化すべし。

Part1での写真説明文はとても短い英文。

単語か一部のみでも聴き取ることが出来れば解答できます

 

Part2は写真のような視覚的要素はなく、全ての情報を耳で聴き取り判断しなければいけません。

とは言え使われる英文一つ一つは短い文です。

 

まずは単語1つから聴き取ることに集中。

次に全体を聴き取れるトレーニングをしていきましょう。

 

Kei

Part1、Part2のおすすめツールはこちら!

1. NHKゴガク:ボキャブライダー

『NHKゴガク』はNHKが提供する学習向けラジオ。

講習プログラムがレベルごとに分けてあります。

 

単語や短い英文を学ぶには講習の中でも『ボキャブライダー』がおすすめ。

解説が丁寧なので英語初心者からでも始められます。

 

専用のアプリもあるのでスマホで聴くことも可能。

Android、iPhoneどちらにも対応しています。

Android

iPhone

2. mikan

英単語アプリ。

クイズ感覚で単語を学習できます。

 

解答に制限時間が設けてあり、瞬時に判断するクセを付けることが出来ます。

苦手な単語のみの復習も可能。

 

テスト機能があり、満点でクリアしなければ次のステージには行けません。

繰り返し学習をトコトン実践できるのでオススメ。

Android

iPhone

3. ターゲットの友:TOEIC L&R 英単語ターゲット1100

英単語アプリ。

学びたい英語の目的別に教材を選択し学習できます。

 

TOEIC対策には『TOEIC L&R 英単語ターゲット1100』。

単語と短い例文をセットで学習できます。

 

音声のスピード調節機能があり、少しずつ耳を慣らすことが出来ます。

徐々に速い英語を聴くことで初心者でも無理なくTOEICの速さまで持っていけるのでオススメ。

Android

iPhone

 

MEMO

【Part1・Part2の対策まとめ】

・理解できる単語の数を増やす

・短いフレーズを聴き取れるようにする

 

【Part3・Part4】問題用紙を必ずチェックすべし。

Part3・Part4は問題用紙に質問と解答の選択肢がすでに書かれています。

あらかじめ目を通し、必要な情報を絞って聴き取ることがポイント。

 

また、解答に必要な情報は元となる英文全体から把握しなければいけません。

必ずしも質問の順に情報が流れるとは限りませんので注意しましょう。

 

Kei

Part3・Part4のおすすめツールはこちら!

4. NHKゴガク:基礎英語1~3

NHKゴガクシリーズの『基礎英語1』、『基礎英語2』、『基礎英語3』。

はじめに英文を聴き、全体の解説をした後にもう一度同じ英文を聴いていきます。

 

嬉しい要素は、2回目を聴く際に講師から簡単な課題がある点。

必要な情報を探しながら聴くトレーニングが出来ます。

TOEIC対策としては非常に相性が良いラジオと言えるでしょう。

5. NHKゴガク:エンジョイ・シンプル・イングリッシュ

NHKゴガクシリーズの『エンジョイ・シンプル・イングリッシュ』。

クイズ感覚で聴くことが出来ます。

 

画面に問題と解答の選択肢があり英文を聴いて答えていきます。

答え合わせも出来るので間違った箇所も把握できます。

 

問題と選択肢は日本語ですが、かなりTOEICに近い形式で学習できるのでオススメです。

6. VOA

VOA(Voice Of America)はラジオアプリ。

TOEICの音声のような聴きやすい英語で学習することが出来ます。

 

内容はニュースなどの情報が多いため基礎で物足りなくなった人にぴったり。

英文付きなのでどうしても分からない箇所は調べることも出来ます。

 

さらに、音声のスピードも調整可能。

長文のトレーニングに最適です。

豊富なラインナップで飽きずに学習できる点も◎。

Android

iPhone

 

MEMO

【Part3・Part4の対策まとめ】

・複数の必要な情報を事前に把握しピンポイントで聴き取る

 

【全Part共通】メイン教材での学習をすべし。

おすすめのラジオやアプリを紹介しましたが、あくまでサブ教材。

TOEICの公式問題集は必須教材です。

基礎が固まってきたら、過去の公式問題集を何度も何度も繰り返す学習をメインとする必要があるでしょう。

 

市販のテキスト教材でも良し。

YouTubeでも良し。

 

とにかく、公式問題は必須条件。

テキストの場合は本番同様、時間を計って解きましょう。

 

Kei

おすすめのYouTube動画はこちら!

7. TOEIC Listening

TOEICの過去問題をPartごとに学習することが出来ます。

まずは無料で始めたい方にもオススメ。

時間を自分で計る手間が省ける点もYouTubeの良さですね。

TOEICListening

 

MEMO

【全Part共通対策のまとめ】

・TOEICの公式問題集を繰り返し学習する

・テキストの場合は時間を計って解く

 

Kei

ラジオ学習をする時も繰り返しが重要!

無意識レベルで理解できるようになったら新しい英文にチャレンジしよう!

理解しないまま次々と聴くのはNGです!

【第六章】TOEICは諦めも重要

TOEICのリスニングのイメージが掴めてきたのではないでしょうか。

じつは、英語に慣れていない初心者で良く見られるケースがもう一つあります。

 

分からない単語があったり一部でも聞き逃した場合、そればかりが気になって集中できなくなることです。

散々申し上げてきましたがTOEICでは瞬時の判断力と時間との勝負。

英文は一度きりしか放送されないし問題用紙にも書かれていません。

 

聴き取れなかった箇所はいくら考えても無駄。

割り切って残りの英文に集中し、聞き取れた部分から推測しましょう。

 

Kei

リスニングに聞き逃しは付き物!

普段の学習でも聴き取れなかった箇所を推測しながらやってみよう!

 

【第七章】英語はイメージ化できれば最強

多くの日本人には英語学習でやってしまうクセがあります。

それは和訳。

 

英語を一旦脳内で日本語に変換してからさらに英語に変換するのです。

日本語を一切使わないTOEIC。これってスゴく無駄だと思いませんか?

 

「えっ。でも日本語に訳さないと内容が理解できないし、分からない単語も日本語を見て覚えるよ。」

多くの方がこのように考えますよね?

学校ではそのように教わってきたのですから当然です。

 

でもせっかくですから英語をそのまま理解する英語脳を目指してみましょう。

こちらのYouTube動画を参考にしてみて下さい。

 

注目すべき方法は分からない単語の『画像検索』。

たしかに日本語でも『リンゴ』とか『走る』とか聞けばどんなものか、あるいはどんな状態かすぐに頭に浮かびますよね。

英語も同じようなことが出来れば瞬時に内容が理解できるというわけです。

 

分からない単語を知らべる際は一度イメージ検索して画像から意味を考えてみることオススメします。

英語脳に少しずつ近づけるはずです。

【終章】まとめ

いかがでしたか?

お堅いイメージのTOEICでも特徴や対策がハッキリすると初心者でも出来そうだと思いませんか?

英語初心者だからって自信を失くす必要はありません。

誰だって始めは初心者です。

根気強くレベルアップしてTOEICを攻略していきましょう!

 

何をすべきか分かっただけでも大きな前進!

初心者でもラジオ学習が出来るのも嬉しい!

Kei

攻略をしようと思うならまずは知るべし!

知った上での対策はムダも省けて効果抜群だね!

ぜひ今回の内容を参考にしてみて下さい!

 

 

『7日間無料』最強アプリTOEICスタディサプリENGLISHでTOEIC900点超え

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)。

リクルート社が出している大人気アプリスタディサプリENGLISH

今なら7日間無料できるトライアルもあり。 

8月24日(火)16:59までの期間限定で通常月額1,980円→980円になるお得なキャンペーンも実施中。

途中解約もOK。まずは無料でお試し!

スタディサプリなら

ちょっとした隙間時間で

・単語力

・文法力

・リスニング力

・リーディング力

を鍛えることができます

これはまじですごいです!

アプリなので、電車の中でもいつでもどこでもできます!

僕もこのスタディサプリを使いながらTOEIC520点→TOEIC900点超えにあげました!

 

さらに最初の一週間は無料ですので、試すだけでもOKです!

リクルートが誇る最高のサービスなので、ぜひ試してみてください!

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)の公式サイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)