テイラースウィフトのスピーチから英語を学ぼう!

『7日間無料』最強アプリTOEICスタディサプリENGLISHでTOEIC900点超え

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)の公式サイトへ

リクルート社が出している大人気アプリ、スタディサプリENGLISH

今なら7日間無料できるトライアルもあり。 

8月24日(火)16:59までの期間限定で通常月額1,980円→980円になるお得なキャンペーンも実施中。

途中解約もOK。まずは無料でお試し!

 

 

 

これまでに4度のグラミー賞受賞歴を持つ世界的トップアーティストのテイラー・スウィフト。2011年には、Bilboardが選ぶ「Woman of the Year賞」を史上最年少の21歳で受賞しました。今日はその授賞式でのスピーチを題材に、リスニングの練習をしていきましょう!なお、この記事の和訳は著者によるものです。

 

動画を見る際に意識する点を段階的に増やしていきます。全体で約30分の構成です。少しずつ聞き取れる内容が増えていくのを実感しながら進めていきましょう!

 

まずは一度、全体を通して聞き流してみましょう。5分ほどの和訳付きの動画です。英語を聞くというより、まずはスピーチの全体の意味をとらえることを意識してください。

https://youtu.be/jhyy6_xwoy0

(時間がない方はこのステップを飛ばしてもかまいません)

 

https://youtu.be/jhyy6_xwoy0

 

 


解説

いかがでしたか?キラキラ輝くテイラーさんにもそのような苦悩があったなんて、浅学な著者にとっては驚きでした。

 

さて、続いては、難しめのフレーズの意味を下に記します。必ず英語を音読してください。発音が分からない方は、google翻訳に聞くと発音してくれます。リスニング力の向上に必須のステップがこの音読ですので、ここだけは飛ばさず行ってくださいね。

 

‘Cause it’s very important to me.

「だってこれはとっても大事なものだから。」:口語ではよくbecause’causeと略される

She is so supportive.

「彼女はとても協力的なの。」

my breakthrough album

「躍進的なアルバム」

have slight reservations about you

「あなたに対して少しばかり疑念を抱く」

whether you deserve to be there

「あなたがそこにいるのに値する存在なのか」

a savvy record label

「レコードレーベルが強い」:レコードレーベルはブランド名を表す語で、それがsavvy(有能である)ということは、市場に対して強い影響力をもつということです。

become a mirror for my detractors.

「私の誹謗家の鏡になる」

material for musical satires or inspirational anthems

「音楽の中の皮肉や心に刺さる曲の材料」

this reflect dictated more than just my lyrics

「この反応(誹謗中傷へのテイラーの返し方)は私の歌詞を決定するにとどまらなかった」

動画中の和訳では「表現するのは歌詞だけではなかった」と意訳されています。

with that win came criticism and backlash in 2010.

「2010年に、その受賞と共に批判やバッシングが殺到した」:倒置が起きています。

→criticism and backlash came with that win in 2010.

All of a sudden

「突然」

Was I a little bit pitchy?

「私が音痴だったのか?」

beyond people’s comfort level

「みんなにとって心地よいレベルを超えて」

in an effort to appease my critics

「私への批判をなだめる努力で」

 

発音を調べつつ、全て読むのに5分もかからない作業です。ここはちょっと頑張りどころです!それではこれをふまえてもう一度聞いてみましょう。ここに書いた表現がどこでいわれているかに注目です。

 

https://youtu.be/jhyy6_xwoy0

 

いかがでしたか。一回目より一つでも多くの単語が聞き取れていれば、それは成長の証!

 

では、ここで著者が選ぶこのスピーチのキーフレーズを紹介します。

 

キーフレーズ

Whatever they decided I couldn’t do is exactly what I did.

「その人たち(誹謗家)ができないと決めつけたことを、私はやってのけたの。」

 

whateverには「~するものは全て、なんでも」と「どんなものが~だとしても」の2つの意味があり、ここでは前者の意味で使われています。

Do whatever you like.「あなたが好きなことならなんでもしなさい」

Whatever happens, I will do it.「何事が起ったとしてもやるつもりだ」

 

またexactlyは「ちょうどぴったり、そのまま」といったニュアンスです。

 

そして最後のwhat +SVはかなりの重要表現で、「SVすること」という名詞の塊をつくります。このwhatは関係代名詞です。これを説明すると記事が別に1本かけちゃうくらい長くなるので詳細は省きますが、このスピーチの内容を理解するだけであれば、“what I did”は「わたしがやったこと」という意味だとおさえるだけで十分です。

 

以上を踏まえて直訳すると、

「その人たちが私ができないと決めつけたこと全てが、ちょうどぴったり、私がやったことなの」

となり、意訳して

「その人たち(誹謗家)ができないと決めつけたことを、私はやってのけたの。」

となります。

 

それでは最後にもう一度聞いてこのレッスンを終了しましょう。このキーフレーズは動画の2:38から言われています。先ほどの表現に加え、キーフレーズが聞き取れるかも意識しましょう!リンクの下にはスピーチの全文を載せています。復習等にご活用ください。

 

https://youtu.be/jhyy6_xwoy0

 

スピーチ全文

 Absolutely love this one. Right? This is , this is sort of , uh, it’s not a short speech, so just, I don’t want this to slip and break ‘cause it’s very important to me. Thank you so much. She is supportive. We all need someone like that.

 

I’m Taylor. Good evening.

 

I wanna first thank Billboard from the bottom of my heart for this honor for, woah, this is going great so far. Excellent. Okay. I wanna say thank you so much to Billboard for giving me this honor for naming me as their Woman of the Decade.

 

So, what does it mean to be the woman of this decade? Well, it means I’ve seen a lot. When this decade began, I was twenty years old, and I had put out my self-titled debut album when I was sixteen, and then the album that would become my breakthrough album which is called Fearless. And I saw that there was a world of music and experience beyond the country music that I was really curious about. I saw Pop Station send my songs Love Story and You Belong With Me to number one for the first time.

 

And I saw that as a female in this industry, some people will always have slight reservations about you, whether you deserve to be there, whether your male producer or co-writer is the reason for your success, or whether it was a savvy record label. It wasn’t.

 

I saw that people love to explain away a woman’s success in the music industry, and I saw something in me change due to this realization.This was the decade when I became a mirror for my detractors. Whatever they decided I couldn’t do is exactly what I did. I’ll take it. Thanks.

 

Whatever they criticized about me became material for musical satiers or inspirational anthems, and the best lyrical examples I can think of are songs like Mean, Shake it Off, and Blank Space. Basically people have something to say about me. I usually said something back in my own way.

 

 And this reflect dictated more than just my lyrics.When Fearless did win an album of the year at the Grammys and I did become the youngest solo artist to ever win in the award, with that win came criticism in backlash in 2010 that I’d never experienced before as a young new artist.

 

All of a sudden people had doubts about my singing voice; Was it strong enough? Was I a little bit pitchy? All of a sudden they weren’t sure if I was the one writing songs because sometimes in the past I had had co-writers in the room.

 

At that time I couldn’t understand why this wave of harsh criticism had hit me so hard. I believe a popular headline back then was “A Swift Backlash”, which is clever. You gotta give it to ‘em.

 

And now I realize that this is just what happens to a woman in music if she achieve success or power beyond people’s comfort level. I now have come to expect that with good news come some sort of pushback(ここでも倒置が起きてますね), but I didn’t know that then.

 

So then I decided that I would be the only songwriter on my third album “Speak Now”, and that I would tour constantly, work on my vocals every day and perfect my stamina in a live show. I decided I would be what they said I couldn’t be.

 

I didn’t know then that soon enough people would decide on something else I wasn’t quite doing right, and then a circle would keep going on and on and rolling along and I would keep accommodating, over-correcting in an effort to appease my critics.

 

They’re saying I’m dating too much in my 20s? Ok, I’ll stop. I’ll just be single, for years. Now they’re saying my album Red is filled with too many breakup songs? Ok, um… I’ll make one about moving to New York and deciding that really my life is more fun with just my friends. Or, they’re saying my music is changing too much for me to stay in country music? Alright, Okay, here’s an entire genre shift and a pop album called “1989”. You heard it? Sick!

 

Now it’s that I’m showing you too many pictures of me with my friends…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『7日間無料』最強アプリTOEICスタディサプリENGLISHでTOEIC900点超え

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)。

リクルート社が出している大人気アプリスタディサプリENGLISH

今なら7日間無料できるトライアルもあり。 

8月24日(火)16:59までの期間限定で通常月額1,980円→980円になるお得なキャンペーンも実施中。

途中解約もOK。まずは無料でお試し!

スタディサプリなら

ちょっとした隙間時間で

・単語力

・文法力

・リスニング力

・リーディング力

を鍛えることができます

これはまじですごいです!

アプリなので、電車の中でもいつでもどこでもできます!

僕もこのスタディサプリを使いながらTOEIC520点→TOEIC900点超えにあげました!

 

さらに最初の一週間は無料ですので、試すだけでもOKです!

リクルートが誇る最高のサービスなので、ぜひ試してみてください!

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)の公式サイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)