【大解剖】ネイティブキャンプのカランメソッドの効果は??50回受講した私が徹底解説!!

目次

『7日間無料』最強アプリTOEICスタディサプリENGLISHでTOEIC900点超え

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)の公式サイトへ

リクルート社が出している大人気アプリ、スタディサプリENGLISH

今なら7日間無料できるトライアルもあり。 

8月24日(火)16:59までの期間限定で通常月額1,980円→980円になるお得なキャンペーンも実施中。

途中解約もOK。まずは無料でお試し!

格安オンライン英会話として有名なネイティブキャンプでは、カランメソッドという特別なコースを受講することができます。

悩める人

カランメソッドって何?

聞いたことないけど・・・本当に効果あるの

Kei

カランメソッドとは、通常の4倍のスピードで英語が身につくといわれているレッスン方法です。

 

私の英語力は、1年前のTOEICで465点の初中級。

そこから頑張って勉強しているつもりだけど中々英語力が上がらずに苦戦していました。

そこで手をつけたのが、英語力アップ期待大のネイティブキャンプのカランメソッド

 

この記事では、実際にカランメソッドを50回受講した私が、ネイティブキャンプのカランメソッドを徹底解説します。

この記事を読めば、カランメソッドの効果や受講の流れなど、予習はばっちり。

あとはレッスンを受けてみるだけになります。

ネイティブキャンプでカランメソッドを受けようか悩んでいるあなた、ぜひ読んでみてくださいね。

 

1.そもそもカランメソッドとは?

 

カランメソッドはイギリス発祥のダイレクトメソッド(直接教授法)です。

ダイレクトメソッドとは、レッスン中日本語を使わずに、英語で英語を習う方法です。

講師が早口で質問をし、生徒もすぐに英語で質問に答えることを求められます。

会話を通した学習方法で、カランメソッドは通常の1/4の時間で英語が習得できると言われています。

 

 

2. カランメソッドはどんな人向け?

 

悩める人

何だか難しそうな方法だし、全然英語勉強していないけど、受講していいのかな?

Kei

カランメソッドは誰でも受講OKです!

カランメソッドのStage1は中学1年の教科書レベルなので、「I am a student.」「 This is a pen.」が分かれば始められます。

カランメソッドは細かくレベルがわかっているので、英語レベルが中〜上級の方にとっても、自分の英語をさらにブラッシュアップするのに向いています。

どのレベルの人も、まずはレベルチェックテストを受けることで、どのレベルから始めれば良いかわかります。

レベルチェックテストについては、後で詳しく解説していきますね。

3. 気になるカランメソッドの4つの効果

カランメソッドには、英語を効率的に身につけていく要素が色々詰まっています。

      3−1. 4倍の発話量!スピーキング力が加速

カランメソッドは、レッスン中終始「講師から早口で2回質問され、すぐに答える」ことを繰り返していきます。

ハイテンポにどんどん話すため、スピーキング量は通常の4倍!

ただ話す量が多いわけではなく、間違いは随時修正されるので、自分のスピーキングのミスの癖を修正できます。

正しい表現をたくさん話すことで、スピーキング力が加速します。

 

      3−2. 集中が力になる!リスニング力アップ

カランメソッドではレッスン中にテキストを一切見ません。

また、カランメソッドでは、講師の質問にフルセンテンスで答える必要があり、質問の中の単語や形式を変えたりすることはできません。

例えば、「Is it your pen?」と聞かれたら、

「Yes, it’s my pen.」は正解ですが、「Yes, it’s mine.」は不正解になります。

正確に回答するためには、講師の質問を正確に聞き取る必要があります。

自分のリスニング力だけが頼りなため、自然と集中力が高まり、リスニング力が向上します。

 

     3−3. 日本語なし!英語脳を育てる

英会話をしていると「えーっと、これは英語でなんて言うんだっけ?」と日本語を英語に翻訳しがちです。

しかし、カランメソッドでは、「素早く英語に答えなければいけない」ことで、「日本語から翻訳しようとする」頭の働きを防ぎます。

これにより、カランメソッドは「英語を英語で理解し、英語で答える」英語脳を育ててくれます。

 

     3−4. TOEICの点数アップへの実証あり!

これは、QQEnglishが明治大学と連携して行った、大学生21名への実証実験結果です。

80時間のカランメソッド受講で、TOEICの点数が平均110点アップしています。

カランメソッドはTOEICの点数をあげたい人にも効果的です。

4. カランメソッド鉄則の8つのルール

色々な効果があるカランメソッドですが、その効果を得るためには、8つのルールを守ることが必須です。

レッスンを受ける前に必ず把握しておきましょう。

ルールが多くて面倒に感じるかもしれませんが、やっていくうちに慣れます。

5. カランメソッドの3つのコース

ネイティブキャンプ「教材」より引用 https://nativecamp.net/textbook

カランメソッドは、通常のカラン、ビジネスカラン、カランキッズの3つがあります。

どのカランも「質問を2回繰り返す」「フルセンテンスで答える」などのルールは同じです。

 

5−1. だいたいここから!通常のカラン

大体の人が最初に受けるのが、通常のカランメソッドです。

12のステージに分かれており、段々とレベルアップしていきます。

各ステージとおおよそのレベルは表のようになっています。

各ステージでは、新しい内容だけでなく、前のステージの内容を含めて、さらに深める内容になっています。

レベル Stage 内容の例
英語初心者〜初級 Stage1 ・beやhave、現在進行形

・主格代名詞と目的格代名詞(例:I, you, she, )

・所有代名詞(例:my, his, hers, ours)

Stage2 ・現在形と現在進行形の違い

・anyとsomeの使い方

・比較級や最上級(例:more than,  the least)

Stage3 ・比較級と最上級(例:the furthest as many as

・使用頻度の高い様々な副詞(例:quickly, often, never)

・be動詞・一般動詞の過去形(例:we were, we walked)

Stage4 ・未来系(例:will, going to)

・現在完了形(例:they have eaten)

・仮定法(例:If you go…, you will see…)

中級 Stage5 ・過去進行形(例:I was sleeping)

・受動態(例:the book was written)

・過去完了形(例:you had studied)

・未来進行形(例:she will be working)

Stage6 ・間接話法(例:you told me that she would succeed)

・未来完了(例:you will have written)

・過去完了進行形(例:you had been writing)

Stage7 ・便利なフレーズ(例:a great deal of)

・一般的なイディオム(例:get on someone’s nerves)

Stage8 ・「wish」の使い方(例:I wish she were here)

・助動詞を含む文章で過去について言及する方法

 (例:they should have realized)

上級 Stage9 ・ステージ8までに習った内容を使いこなせることにフォーカス
Stage10 ・過去の出来事の推量における助動詞の使い方

 (例:you must have been exhausted)

・過去の習慣における「would」の使い方

 (例:I would ride my bicycle every day when I was a child)

Stage11 ・ステージ11と12は他のステージと異なり、学習者の意見を引き出すような質問がある。

・1700を超える新しい単語、文法等が含まれる。

Stage12

ネイティブキャンプ 法人ブログ参照 https://nativecamp.net/corporate-blog/callan_cefr/

こうやってズラッとみてみると、ステージ毎に徐々に難しそうになっているのがわかりますね。

また、カランのステージとTOEICや英検、IELTS、ケンブリッジ英語検定、CEFRを対応させた表はこちらです。

5−2.  ステップアップで受講可能!ビジネスカランコース

「ビジネスカラン」は、経済や会計、マーケティングなど、英語でビジネスを行う上で重要な単語や表現を学べます。

受講には通常のカランでStage8以上を修了していることが条件

・他のカランと違ってステージ分けはない

・教材の購入が必要

5−3. 子どもも大人も受けられる!カランキッズ

「カランキッズ」は早いうちからお子さんに英語を習わせたい親御さん、より基礎から英語学習を始めたい大人におすすめです。

・中学英語レベルが理解できることが条件

・ステージは1〜6まである

・ステージ6を修了したら、通常のカランに移行することも可能

・教材の購入が必要(他のカランよりカラフルで絵がかわいいです)

ネイティブキャンプには「ファミリープラン」といって、通常料金+1980円で2親等までの家族がネイティブキャンプを利用できるプランがあります。

自分は通常のカラン、子どもはカランキッズを受けて、一緒に頑張っていくなんてこともできます。

 

6. ネイティブキャンプのカランメソッドはどんな講師が教えてくれるの?

カランメソッドを教えてくれるのは、フィリピン人の講師が圧倒的に多いです。

他にはセルビア、カメルーン、ガーナなど多国籍です。

また、少数派ですが、イギリスやアメリカ、オーストラリア出身のネイティブ講師もいます

ネイティブキャンプはカランの正式提携校なので、どの国の講師であったとしても、レッスンの質が維持されているのも安心なポイントです。

 

7. ネイティブキャンプのカランメソッドの料金は?

まず、ネイティブキャンプを利用するためには、月額一律6,480円(税込)の料金がかかります。

この料金だけ払えば、24時間365日レッスンが受け放題なので、かなりお得なプランですよね。

 

7−1. コインと予約必須!カランメソッド受講

カランメソッドを含むネイティブキャンプの2つのコースを受けるためには、予約が必須です。

・カランコース(カラン、ビジネスカラン、カランキッズ)

・英検二次試験対策コース

予約をするときはコインを購入する必要があります。

コインはネイティブキャンプのサイト上で購入するともらえます。

枚数を多めに買うとサービスコインがついてお得です。

購入したコインの有効期限は6か月、サービスコインは2か月です。

「じゃあ、どのくらいでカランが受けられるの?」というと、

講師のタイプカラン予約半額かどうかで料金が変わってきます。

1レッスンごとのコインの消費数

カランコース カラン予約半額
非ネイティブ講師 100コイン 50コイン
ネイティブ講師 500コイン 250コイン

 

100コイン=約200円なので、

非ネイティブ講師なら100〜200円、ネイティブ講師なら500〜1000円の追加料金が必要です。

「カラン予約半額」というのは、主にネイティブキャンプの講師歴またはカランの指導歴が浅い講師のレッスンを、半額で受けられるシステムです。

講師は経験を積めて、生徒は安くレッスンができてwin-winです。

ただ、費用が抑えられる故、人気が高く、予約が取りづらいのが難点です。

初めての方はコイン購入に抵抗があると思いますが、安心してください。

ネイティブキャンプには、初めて登録する人に7日間の無料体験がついてきます。

そして、なんと無料体験に登録すると、500コインがおまけでついてきます。

これを使えば、レベルチェックテストをのぞいて、5回分もカランレッスンが試せます。

予約不要のレッスンも受け放題です。

カランメソッドが気になる人は、無料体験中にぜひ試しましょう。

7−2. カランメソッドができる他社と比較!コスパ優勝はネイティブキャンプ

悩める人

えー、基本料金とは別にお金がかかるなら、他のオンライン英会話の方が安いんじゃない?

Kei

その答えは、カランレッスンのみにこだわるか、月何回カランレッスンを受けたいかなどで決まります!

カランメソッドを受講できる他社は「QQ English」「イングリッシュベル」「新お茶の間留学」があります。どちらもカラン正規認定校なので、レッスンの質は心配ありません。

ネイティブキャンプ QQ English イングリッシュベル 新お茶の間留学
料金 6,480円+コイン購入

月30回カランのみを受講した場合:

合計12,080円

ポイント制

月4回  2,178円

月8回  4,053円

月16回   7,348円

月30回 10,648円

以降はポイント追加購入

(単価約500円)

自動更新プラン

月5回 3,510円

月10回 5,760円

月20回 8,820円

月40回  16,110円

月8回  7,860円

月12回 11,550円

単価 約402円

※月30回カランのみを受講した場合

約355円 402円

※月40回プランの場合

約962〜982円
レッスン分数 1回25分 1回25分 1回25分 1回18分
1日のコマ数 制限なし 1日3レッスンまで 1日20レッスンまで 記載なし
講師 フィリピン人講師他

ネイティブ講師も含む

フィリピン人講師のみ フィリピン人講師 フィリピン人講師のみ
レッスン

環境

独自の通信システム 独自の通信システム

Skype

Skype ZOOM
その他 ・カランキッズがある

・一部条件により教材の購入不要

・自習機能が充実している

・50分コース、ハードコアコースがある

・講師のレベルによってポイント消費量が違う

・カランメソッドの現代版DMEメソッドもある ・NOVAが運営するオンライン英会話

 

ネイティブキャンプは基本料金と別途コイン購入の必要があるので、カランのみで受けると、月30回以下ではQQenglishの方が安く受けられます。

ただし、QQ Englishやイングリッシュベルではカラン以外のレッスンを受ける時も回数を消費します。

一方、ネイティブキャンプではそれ以外のレッスンは受け放題で料金の加算はありません。

また、カランのみでも、月30回以上受講する場合は、ネイティブキャンプが断然お得です。

カランで培った英語能力は、「トピックトーク」などの通常レッスンを受けると実感でき、英語学習のモチベーションになります。

また、「Callanリーディング」や多読・多聴ができる「読む・聞くコンテンツ」など、ネイティブキャンプの自習機能は、他にないレベルで充実しています。

これらを踏まえると、ネイティブキャンプのカランメソッドは総合的に一番コスパが良いです。

7−3. お得なキャンペーンを見逃すな!

ネイティブキャンプには、コインをゲットできたり、無料で予約ができるお得なキャンペーンもよく開催されます。

2021年3月には「Go To トラベルキャンペーン」といって、「世界一周旅行」のレッスンを受けると、最大1000コイン(2000円相当)がもらえるイベントも開催されていました。

英語力を上げながらコインもゲットできるなんて、めちゃくちゃお得ですよね!

こういうイベントは積極的に参加して料金を抑えちゃいましょう。

7−4. 購入しなくて大丈夫?カランメソッドの教材

通常のカランコースでは、アプリでの受講なら、教材購入の必要がないです。

カランメソッドでは、各レッスン最後にリーディングがあり、そこで教材を使います。

(リーディングはレッスンの最初のうちは含まれず、約7回目あたりから開始します。)

しかし、ネイティブキャンプのアプリから、スマホかタブレットでレッスンを受講すると、教材を購入しなくてもリーディングができます。

他社では教材の購入は必須なので、これはありがたい機能ですよね。

スマホ、タブレットの場合、レッスンが残り5分になると、自動的に教材の画面が出てきます。

下の写真は実際にレッスン画面に出てくるリーディング画面です。

 

リーディングしているStageを選択すると、ページを選ぶ画面が出てきます。

前回の続きのページをタップすればOKです。

ただし、講師はあまりこの機能を知らないのか、「教材を持っていません」と言っても、アプリでの受講を紹介してくれることはありません。

私もこの機能のことがよく分かっておらず、「リーディングは大事なパートだから、早めに購入してね」と言われたのみでした。

教材を購入する予定のない人は、必ずスマホかタブレットで受講しましょう!

注意点は、教材の画面はレッスンが終わると自動で閉じてしまうので、復習には使えません。

また、ビジネスカラン、カランキッズを受講したい人は、教材の購入が必須です。

7−5. 簡単!教材の購入方法

教材は、紙版、e-book版があります。

どちらもネイティブキャンプのサイトから購入できます。

レベルチェックテストの結果によっては、Stage1より上のステージから始まる可能性もあります。

教材を購入する場合は、必ずレベルチェックテストを受けてから、自分がスタートするレベルのものを購入しましょう。

紙版(ペーパーバック) e-book版
カランStage1〜12 1,800円/冊 1,600円/冊
ビジネスカラン 2,700円 2,400円
カランキッズStage1〜6 2,400円/冊 2,100円/冊
その他 【送料】

・1〜3冊:360円

・4〜5冊:490円

・6冊以上:670円

※到着目安:営業日内で2〜3日

カラン機構の専用アプリで、

スマホやタブレット、PCから閲覧が可能

教材購入はいらないと言いましたが、個人的な意見では、教材は購入した方がいいです。

私は、絶対やり切るぞという気合と送料を抑えるため、紙版の教材をStage8まで一括購入しました。

カランはレッスンがハイスピードかつ質問禁止なので、レッスンの途中で聞き取りがうまくできなかったり、単語は分かっても文章の意味が分からないことがあります。

特にStage4以降は文章も複雑になるので、レッスン内容に追いつかなくなりがちです。

もちろんレッスン中に復習するタイミングも多いですが、事前に復習して、次のレッスンではハイスピードで聞かれても答えられるようにする方が効果的です。

カランメソッドの教材は、フリマサイトで1,500円前後で買取されていることが多いです。

教材自体は復習に良いですが、特に下のステージだと内容自体は簡単なので、長く手元に残すほどではないです。

カランメソッドの教材は人気で買い手もつきやすので、綺麗に使っていらなくなったら売るのも手です。

8. カランメソッド受講の4つのステップ

では、カランメソッドの概要がわかってきたところで、いよいよカランメソッド受講の4つのステップを一緒に踏んできましょう。

8−1.  余裕があれば受けよう!日本人カウンセラーへの事前の受講相談

ネイティブキャンプの公式サイトでは、Step1として、カランメソッド受講前に日本人カウンセラーに相談することを推奨されています。

率直なところ、公式サイト以上のことが説明されるというよりも、受講希望者がルールをしっかり理解できているかを一から確認する、という感じでした。

ネイティブキャンプでは、月に1回無料で日本人カウンセラーへ、英語学習について何でも相談ができます。

2回目以降は100コインが必要です。

もしカランメソッド受講以外に、学習方法やおすすめのレッスンなど聞きたいことがある場合は、事前相談はしなくても問題ないです。

私が事前相談を受けた中で、「これはためになるな!」と思ったポイントは次のことです。

カウンセラーさんとの事前相談で、教えてもらって良かったこと

 

1日1〜2レッスンくらいを受けると良い。英語脳を作るため、レッスンの間は開けても2〜3日以内がいい。

 

・レッスンの効果は2〜3か月くらいすると出てくるようになる。

 

・カランに慣れてきたら、「トピックトーク」「スピーキング」「5分間ディスカッション」も並行して受けるといい。

 

・カラン指導のベテランのオススメの講師を教えてくれる。

カウンセラーさんに教えてもらった講師からレッスンを受けましたが、質問や説明のテンポが比較的ゆっくりめの講師が多く、初めての人にはやりやすい印象です。

カランが初めてで不安な人は、何かのついでにこれだけでも聞いておくと良いです。

8−2. 誰でも簡単!予約方法

カランメソッドのルールが分かって、勇気が出たら(ここが一番大事!)、さっそく「レベルチェックテスト」を予約しましょう。

ネイティブキャンプの「予約/日時別講師検索」へアクセスと画像のような画面が出てきます。

 

 

「レベルチェックテスト」を受けるためには、

1.「コースを指定」にチェックをつけ、「カランコース」を選択する

2. コースを指定の横に出る「Level Check Test(消費コイン:0コイン)」を選択する

ことが必要です。

通常の「Callan Method」と間違えないようにしましょう。

※レベルチェックテスト以降は「Callan Method」を選択して予約します。

予約方法のルール

予約方法にもルールがあります。知っておかないと損なので、要チェックです。

 

・予約は24時間OK30分毎予約可能

 

・予約は10分前〜1週間先までOK

 

・キャンセルは1日3回まで

 

・キャンセル時、予約時間より1時間以上前であれば、予約時に使ったコインが返ってくる

 予約時間より1時間未満でキャンセルすると、コインが変換されない

 

どんな講師を選んだらいいの?

ネイティブキャンプのカラン対応講師は、指導が行き届いているのか、誰のレッスンを受けても質が低いということは特になかったです。

ただし、自分と合う・合わないはあります。

特に、回答のリードの仕方や間の取り方、指摘のタイミングが合う講師は大事です。

また、発音を細かく指摘する講師もいれば、目立って間違っていなければ指摘しない講師もいます。

最初のうちは、「評価4.9以上×レッスン回数5000回以上」の講師を選んでおくと手堅いです。

私も迷った時は「レッスン回数順」に表示して、評価4.9以上でレッスン回数の多く、かつ「何となくこの人良さそう!」と思った人を予約します。

注意点としては、ベテラン講師ほど指導方法にオリジナリティが出る傾向があることです。

それもまた、自分に合う合わないがあるので、いろんな講師のレッスンを受けてみて、自分に合う講師が見つけましょう。

8−3. 自分のレベルを知ろう!レベルチェックテスト

「レベルチェックテスト」といっても、難しい試験というわけではありません。

私は予約した時深呼吸するくらい緊張してましたが、実際受けてみたらそんなに緊張する必要なかったなって思いました。

レベルチェックテストの内容

 

・簡単な自己紹介(挨拶と名前くらいだけ)

 

・カランメソッドのルールの説明(とにかくルールの理解が大事)

 

・レベルチェックテスト(リラックスして実力を発揮!)

 

・カランメソッドのお試しレッスン(This is a pen.くらいからです)

 

カランメソッドのルール説明は英語でされますが、内容は教材の画面に表示される日本語の説明と同じものです。

新しいルールが追加されたりはしないので安心してください。

レベルチェックテストは、各ステージからいくつか質問をピックアップして聞かれる感じです。

講師がうまく調整してくれるのか、初心者に複雑な質問をしてくるということはないです。

ただし、ここでもカランのルールは変わらず、「短縮系(It’s, I’m etc.)で答える」「フルセンテンスで答える」などが求められます。

先生も回答を助けてくれないので、上のレベルから始めたい人は頑張りましょう。

ちなみに私は「回答はできているけど、スムーズさを磨くためにStage1から始めましょう」と言われました。

正直Stage3くらいはいけると意気込んでいたのでちょっとショックでした。

でも、それだけ基礎力が曖昧なのかと反省して、今は奮起しています。

みなさんも、結果が低くても落ち込まずに一緒に頑張りましょう!

8−4. 早速スタート!カランメソッドのレッスンってどんな感じ?

カランメソッドの1回のレッスンは3つのパートから構成されています。

内訳 パート 内容
10〜15分 Daily revision(デイリーレヴィジョン) レッスンの復習
5〜10分 New work(ニューワーク) 新出単語・文法のレッスン
5分 Reading(リーディング) テキストの音読

 

レッスンの流れを再現しながら、説明していきますね。

講師:Hello, good morning. Can you see and hear me clearly?

生徒:Yes.

講師:OK. By the way, my name is〇〇. What’s your name?

生徒:My name is 〇〇.

講師:Nice to meet you, 〇〇. How are you?

生徒:Pretty good. How are you?

講師:I’m good, too. Thank you for asking me and taking my class. 

          Your lesson progress was stage1, paragraph22.

          And the last headword was “This”, am I correct?

生徒:Yes, it’s correct.

講師:OK. Let’s start your Daily revision! 

   What’s this?

生徒:It’s a pen.・・・

スタートはこのような感じです。

自己紹介パートは短く、挨拶と前回どこまで進んだかを確認したらすぐにレッスンに入ります。

前回の進み具合については、前回のレッスンの講師が入力してくれてます。

チャットボックスにも表示されるので、聞き取れなくてもそこが合っていれば大丈夫です。

Daily revision(デイリーレヴィジョン)

復習パートです。

ここが一番レッスンの中で長く、全体の70%くらいを占めます。

教材の6〜7項目くらいしますので、前回のレッスンだけ習った内容だけでなく、前々回のレッスン分の復習も入ります。

前に聞かれたことのある質問をそのままそっくり質問されます。

New work(ニューワーク)

New workも3つのパートから構成されています。

パート 内容
Repeat(反復) 新しい単語を講師の後に同じように発音する。
Listen(内容理解) 講師が新しい単語や文法に対する解説をする。
Practice(実践) 新しい単語や文法を含む質問と回答をしていく練習パート。

〜Daily revision終了〜

講師:We finished our daily revision. So, let’s start our new work! 

   Please repeat, “small”.

生徒:”small”(大体2〜5個の新出単語を講師に続いて発音します)

講師:Listen. “small” is an adjective. ・・・(内容の説明)

   Let’s practice. 

   Is the table large? Is the table large?(同じ質問が2回繰り返される)

生徒:No, the table isn’t large; it’s small.

カランメソッドでは、英語脳を育てるために、予習はしません。

講師が、写真を使ったり、身振り手振りしたりしながら、質問と回答をリードしてくれます。

1つ1つの項目はそんなに長くなく、このRepeat➡︎Listen➡︎ Practiceをどんどん繰り返していきます。

文法の説明などは、長くて途中で混乱しますが、めげずに集中して聞きましょう。

ちなみに、Present continuous(現在完了形)や preposition(前置詞)など文法用語は耳なじみがないものが多いです。

いきなり出てくると混乱しやすいので、心配な方は、先に文法用語だけは英語でどういうか調べておくことをおすすめします。

また、最初のうちは、Yes/Noで答えられるシンプルな質問が多いですが、ステージが上がると、「家族の中で一番早起きなのは誰?」や「好きな色は?」のように、自分の意見や知識を使う質問も出てきます。

ここで重要なのは、「事実を正しく答える」ことよりも「素早く英語で答える」ことです。

「正解がわからない、どうしよう」と悩んで回答を止めるよりも、埋めるところは適当に埋めつつ、フルセンテンスで質問と同じ文法・単語を使って答えることに集中しましょう。

私は日本の総人口を質問されて「10 billion people(100億人)」と答えましたが、フルセンテンスなどは間違えずに言えたのでOKでした。

Reading(リーディング)

〜New work終了〜

講師:OK, let’s stop our new work and let’s have your reading practice. In your last lesson, your progress was stage1, paragraph13, the headword was ”open”, am I correct?

生徒:Yes, it’s correct.

講師:OK. Let’s start next page14, the headword is “this”.

生徒:”this”, “that”, “chart”. “What colour’s this pencil?”・・・

  (指示された見出しから、テキストの質問と回答を読む)

Readingは、テキストをひたすら音読します。

レッスンの復習の一部なので、最初のうちは含まれず、7回目くらいからスタートします。

毎回最後の5分くらいで、前回どこまで読んだかを確認されてから、前回の続きから音読を開始します。

スピーキングパート同様、レッスンのチャットボックスにも前回どこまで読んだか表示されるので、覚えてなくても心配いりません。

講師は黙って音読を聞いており、発音の間違いなどがあれば訂正してくれています。

自分のペースでスピーキングすればいいので、このパートが来ると私はすごくほっとします。

Full stage revision(フルステージ・レヴィジョン)

1つのステージの新しいレッスンが全て終わると、そのステージの総復習パートがあります。

Daily revisionのように、質問内容は一言一句同じです。

このように、New workで1回、Daily revisionで2回、Full stage revisionで1回、合計4回くらい、同じ例文・項目に対してスピーキングをするタイミングがあります。

この復習の回数の多さが、カランメソッドの学習効果のポイントです。

簡単な文章も、難しい文章も、何回も自分の口で言うタイミングがあることで、自分の身になっていきます。

Full stage revisionでは、New workやReadingは行わず、ずっと質問と回答を繰り返します。

大体4〜5レッスン程度かかり、正直しんどいですけど終わった達成感は半端ないです。

1ステージ終えるのにどれくらいかかるの?

公式サイトでは、「1Stage終えるのに、約40回のレッスン(17時間)は必要」と記載されています。

ただしこれは本人の英語力とステージのレベルによって大分個人差がでます。

私はStage3を終えるまでにちょうど50回レッスンを受けました。

各ステージでかかったレッスン数は総復習も含め、

・Stage1:9レッスン

・Stage2:19レッスン

・Stage3:22レッスン

レベルが上がるにつれて段々とレッスン消費数が上がっているのがわかります。

他の体験者のレビューなどをみても、Stage2以降は3〜5レッスン分ずつくらいかかる時間が長くなる印象です。

9. 50回受講した私が感じた、カランメソッドのメリット・デメリット

ここでは、私が50回ネイティブキャンプのカランメソッドを受講してみて感じた、メリット・デメリットをお伝えします。

9−1.  ここがいいよ!ネイティブキャンプのカランメソッド

 読めるけど言えない!を解消できる

英会話をしていると、日常英会話は高度な英語ではなく、中学英語レベルで構成されていると気づきます。

ある程度中学英語を復習している人であれば、読めば分かる英語はゴロゴロしています。

それでも急にパッと聞かれると言えないのが英会話の難しいところ。

カランメソッドでは、基礎的な単語や熟語表現が何回も出てくることで、知っているけど使えていなかった英語を、「知っているし使える」にチェンジさせてくれます。

私もカラン以外のレッスンを受けてみて、今までよりもスッと表現が出てくるようになったと感じました。

 リスニング・文法の基礎力が上がる

集中してリスニングし、かつ回答するトレーニングを繰り返した結果、質問で何を聞かれているか、主語、述語、修飾語はどれか、文法構造はどうなっているかなどを把握する力が上がりました。

また、私は冠詞(a, an, the)や指示代名詞(this, that, these, those)などが苦手で、咄嗟に質問されるとごちゃごちゃになってしまい、「これには何をつけるんだっけ?」と考えるうちに会話が止まってしまうことがよくありました。

カランメソッドをしていると、冠詞や指示代名詞の間違いもすぐ指摘してくれます

リスニング力が高まり、冠詞や指示代名詞も聞き取れるようになったことで、間違い自体も減らせています。

聞き取れる様になると、文法の間違いがないように頭の中で答えを組み立てる意識が高まります。

このように、カランメソッドをしているとリスニング力と文法の基礎力が良い循環で向上します。

 英語を話すことへの躊躇が減る

正直私は人見知りで、オンライン英会話特有の「いきなり知らない人と25分会話をする」ことが一番苦手です。

一方で、教材の解説メインのレッスンを受けてしまうと、スピーキング力が上がらないのがジレンマでした。

カランメソッドでは、質問や回答が決まっているので、「レッスン中に何を話したらいいかわからない」という状況は存在しません

スピーキング量も自然と維持されます

また、沢山の英語を話すことに馴染むので、カラン以外のレッスンでも英語を話すことへの躊躇が減りました。

 ネイティブキャンプ特有!充実した2つの無料自習機能

ネイティブキャンプでは、無料のカラン自習機能が2つあります。

これらを使うと、レッスンが受けっぱなしではなく、より身のあるものになります。

1つ目は、カラン機構が提供している「カラン自習用プラットフォーム」です。

ネイティブキャンプのサイトで必要事項を入力して送信すると、カラン機構からメールが届き、登録できます。

登録方法はこちらです。

サイトでは、3つのカランコースのディクテーション(聞き取りとライティング)ができます。

正直スマホ・PCとも動作が重く、やや使いにくいですが、内容は良いです。

⬆︎聞き取り:レッスンのように、質問の音声を聞いた後回答をします。写真では回答が見えていますが、隠すことも可能です。

⬆︎ライティング:動画を流して、同時に右のチェックボックスに入力していきます。

 

2つ目は、ネイティブキャンプが提供している「アプリでのリーディング」です。

 

通常カランのStage1〜12までのリーディング練習ができます。

AIによる発音診断がついていて、録音後発音のチェックとお手本が再生できます。

自分の発音は、意外と客観的に聞いてみないとわからないもの。

手軽なので隙間時間にできるのも高ポイントです。

9−2. ここが残念!ネイティブキャンプのカランメソッド

 相応の費用が必要

私自身はネイティブキャンプのカランメソッドはお得だと思っていますが、通常よりもお金がかかることは事実です。

カランはコンスタントにレッスンを受けることでより効果を発揮します。

私は1日1〜2レッスンを継続しています。

定期的なレッスン受講にはそれなりの費用が必要になるのがネックです。

 慣れるまではしんどい

カランメソッドは、やはり慣れるまでしんどい時期があります。

特に、英会話初心者の方は、「こんな簡単な文章も言えないのか・・・」と凹んでしまうことが多いです。

私も中々スムーズに言えず、もやもやした時期がありました。

どんどんレッスンが進んでいくので、そのしんどい気持ちを講師に共有できないのも辛いです。

慣れてくると「前よりスムーズに英語が出てくるようになった!」と成長を感じられるタイミングが必ずきますが、それまでは自分との戦いです。

英語で会話を楽しみたい人にとっても、カランはトレーニング要素が強いので、モチベーションの保ちにくさがあります。

 劇的に英語力を向上させる魔法のメソッドではない

私はカランメソッドを「英語界の筋トレ」と呼んでいます。

さまざまなメリットのおかげで英語の基礎力が上がってきているのを感じますが、それでいきなり「なんでも英語で話せるようになった」とはなりません。

文法的に正しい、決まったフレーズをフルセンテンスで回答することが求められるので、表現が固く、日常会話では不自然な返答もあります。

あくまで英語力の基礎を固める筋トレであり、レッスンをやり切るには忍耐力がいります。

そこから実際の会話力を上げていくには、また別の努力が必要になるでしょう。

カランメソッドを50回受講した私の英語力は成長した?

先にお伝えしたメリットのように、私はネイティブキャンプのカランメソッドを受講して、リスニング力・文法の基礎力が向上し、英語の読めるけど言えないを解消できたり英語を話すことへの躊躇が減ったりしました。

また、カランメソッドを受ける前後で「TOEIC L&R テスト究極の模試600問(アルク社)」を行った結果、カランメソッド受講後はリスニングが50点くらい上がっていました

カランメソッドの受講のおかげで、今まで勉強していた単語や文法などを使う機会が増え、効率よくインプットとアウトプットできたことが関連していると分析しています。

このように、ネイティブキャンプのカランメソッドは私の英語力を成長させてくれたと言えます。

10. まとめ

まだカランメソッドを受けてないのに、すごく詳しくなった気がします!

Kei

カランメソッドの概要からカランメソッドのメリット・デメリットまで、たっぷり徹底解説しましたからね。

ここで、これまでお伝えしたことをまとめます。

まとめ

  1. カランメソッドは通常の4倍のスピードで英語が身につくといわれているレッスン方法。
  2. 中学1年レベルから始まるので、誰でも受講可能
  3. カランメソッドはスピーキング力・リスニング力向上英語脳の育成TOEICの点数アップにも効果あり。
  4. カランメソッドには、学習効果を上げるための8つのルールがある。
  5. カランメソッドには、通常のカラン、ビジネスカラン、カランキッズの3つコースがある。
  6. レッスンはフィリピン人講師がメインだが、ネイティブを含む多国籍な講師から受けられる。
  7. ネイティブキャンプでは基本料金6,480円+コインの購入(約200円/回)でカランメソッドが受講可能。
  8. まずレベルチェックテストを受ける。レッスンは復習が第一予習は不要
  9. カランメソッドのメリット読めるけど言えないの解消リスニング・文法の基礎力アップ英語を話すことへの躊躇が減る。ネイティブキャンプは自習機能が充実している。
  10. カランメソッドのデメリット:通常のレッスンよりも費用がかかる。カランに慣れるまではしんどい時もあり、劇的に英語力がするものではない

  私は今もカランメソッドを絶賛受講中です。

Stage4になり、センテンスが長く複雑になって、中々上手くいかない場面も多いです。

しかし、これまでの経験から1つのステージをやり終えた時の達成感を想像して、モチベーションにして頑張っています。

カランメソッドは英語界の筋トレ。

地道に継続して、自分の理想の英語レベルにジャンプアップできる筋力をつけましょう。

『7日間無料』最強アプリTOEICスタディサプリENGLISHでTOEIC900点超え

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)。

リクルート社が出している大人気アプリスタディサプリENGLISH

今なら7日間無料できるトライアルもあり。 

8月24日(火)16:59までの期間限定で通常月額1,980円→980円になるお得なキャンペーンも実施中。

途中解約もOK。まずは無料でお試し!

スタディサプリなら

ちょっとした隙間時間で

・単語力

・文法力

・リスニング力

・リーディング力

を鍛えることができます

これはまじですごいです!

アプリなので、電車の中でもいつでもどこでもできます!

僕もこのスタディサプリを使いながらTOEIC520点→TOEIC900点超えにあげました!

 

さらに最初の一週間は無料ですので、試すだけでもOKです!

リクルートが誇る最高のサービスなので、ぜひ試してみてください!

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)の公式サイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)