7つのことをしないとずっと英語が全然話せないまま!英会話で意識するべきこととは

目次

『7日間無料』最強アプリTOEICスタディサプリENGLISHでTOEIC900点超え

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)の公式サイトへ

リクルート社が出している大人気アプリ、スタディサプリENGLISH

今なら7日間無料できるトライアルもあり。 

8月24日(火)16:59までの期間限定で通常月額1,980円→980円になるお得なキャンペーンも実施中。

途中解約もOK。まずは無料でお試し!

悩める人

英語の勉強をたくさんしているのに全然話せない。

いざ話そうとしてもうまく英語を表現できない。

英会話って難しいですよね。

英語を話せるようになりたいけどいつまでたっても話せるようになれない。自分にはムリなのかとあきらめかけてしまう。

そんなあなたへ、これから紹介するたった7つのことだけ意識してください!

英語が話せない人には共通してこれら7つの意識が足りていないのです。

ほとんどの人が知らずに損していることをここでお教えしたいと思います。

英語が全然話せない人に共通する7つの理由

①インプットばかりしている

英語を勉強しようと決めたとき、あなたはまず何からはじめますか?

おそらく単語帳や参考書をみて単語などをおぼえる、いわゆるインプットをするかと思います。

しかしインプットばかりに時間をつかっていては、英語はいつまでたっても話せるようにはなりません。

実際に中学英語レベルの英語力があればインプットはじゅうぶんです。

②会話向けでない単語を勉強している

突然ですが、あなたは「negotiate」という英単語をご存知でしょうか?これは「交渉」という意味です。

資格英語やビジネス英語を勉強されている人ならわかるかと思います。特に営業マンであればよく耳にする英単語であることでしょう。

しかしながら、ふだんの日常英会話ではあまり使用しません。

こういった日常的にあまり使用されない難しい単語をたくさんおぼえてしまっているのです

③「英語が話せる」の基準設定が高い

あなたにとって「英語が話せる人」とはどんな人ですか?

長文の英語をペラペラ話せる人。発音も文法も完璧に話せる人。こういった人物像を思い浮かべるかと思います。

つまり、「流暢にペラペラと完璧に話せること」を基準として考えてしまっているのです。

これだといつまでたっても基準値にたどりつくことができず、けっきょく英語をあきらめてしまうのです。

④カタカナ英語を覚えていて本当の英語発音を知らない

日本には英語をオリジナル化した和製英語やカタカナ英語が存在しますよね。

「アップル」や「クーラー」といった、日本ではよく聞く和製英語というものがあります。

しかしこれらの単語を外国人に言っても通じません!

アップルはカタカナで発音を表すとしたら「アッポー」の方が近い音であり、クーラーはそもそも「air conditioner」とまったく違う表現なのです。

日本人は知らない英語をついカタカナに変えようとしてしまい、本当の発音をおぼえられていないのです。

⑤日本語が通じる環境にいる

これは外国に行かなければいけないということではなく、日本にいても意識できることです。

たとえば英会話スクールで日本人講師から英語を教わるとします。

わからない英単語が会話にでてきたときに、「この単語どういう意味ですか?」と日本語で聞けてしまいますよね?講師は日本人なので。

すると、「日本語でも大丈夫」と思ってしまい英語を考えなくてもいい逃げ道がつくられてしまいます。

やがて質問も会話も日本語ばかりになり、英語を考えることをしなくなってしまいます。

⑥単語1つひとつをはっきりと発音しようとしている

1文につかわれる単語が多いほど発音するのもたいへんですよね。

たとえば、「I’m a member of this team.(私はこのチームの一員です。)」

この文を読む場合、「アイム ア メンバー オブ ディス チーム」と単語1つひとつをはっきり発音していませんか?

実はこれ、ネイティブに通じづらいです。場合によっては通じません。

英語を発音する際にリズム感の意識が欠けてしまっているのです。

英語は繋がる文字が多いので、単語1つひとつだけでなく文の際には発音が変わってくることがあります。

リスニングなどで聞き取る際には、文での発音を理解する必要があります。

⑦会話のキャッチボールの練習が不十分

会話をするということは、あなたのほかにもう1人相手がいなければいけませんよね。2人以上の人がいなければ会話は成りたちません。

会話をするにあたり、相手からなにか質問されたとします。

そしたら、あなたはできるだけ早く返事をする必要がありますよね?

英会話も一緒で、なるべく早く返事を返してあげるべきです。

そこで必要になってくるのは聞かれたことに英語ですばやく返事を返す瞬発力です。

瞬発力こそ英会話において重要なのですが、なかなか身についている人が少ないですね。

英語を話せるようになるためにするべきこと

❶アウトプットすべし!

日本人が英語を全然話せない最大の理由、それはアウトプットが圧倒的に足りていないからです!

インプットにかける時間に対し、英語を口にだして話してみるというアウトプットの時間がきわめて少ないのです。

英単語やフレーズをおぼえただけで、英語が話せるようになったとは言えませんよね?

まずはカンタンな短いフレーズでもいいので声にだして発音する練習をしてみてください。

❷日常会話で使用頻度の高い単語をおぼえるべし!

あなたはおそらく、「外国人と楽しく日常会話をスムーズに話せるようになりたい。」と思っていることでしょう。

しかし、ビジネス英語や難しい英単語ばかりを勉強していては日常的な会話には役立ちません。

ビジネス英語というのは、名のとおり仕事向けの英語なためにふだん使いには適さないのです。

いままでにあなたが小・中学校でおぼえてきた英単語やフレーズこそ、使用頻度が多いものであふれているのです!

海外ドラマや映画で何回もつかわれている英語をピックアップし、それらの単語やフレーズをおぼえるようにしたほうがリアルな英語を学べることでしょう。

❸「英語が話せる=ペラペラ」の考えを捨てるべし!

「英語が話せる人は完璧な発音で長文の英語を話すペラペラな人である。」この考え、いますぐ捨てましょう。

あなたの周りにも、「英語力は高くないけど外国人となんだかんだで話せている。」といった人がいるかもしれません。

たいした英語を話せなくても外国人と英語で会話することはできるのです!

なぜなら、英語ふくめ言語というものは”自分が伝えたいことを伝えるためにある”からです。

つまりはあなたが伝えたいことが相手に伝わっていればいいというわけです。

「英語を話せる人」の判断基準を高めすぎてしまうと、ずっと届かない目標であると思ってしまうため基準を下げることでより現実的に近い目標としてモチベーションを維持することができます。

❹シャドーイングをすべし!

シャドーイングとは、英文を聞きながらそのすぐあとを追うようにマネして発音する訓練法です。

シャドーイングをすることで正しい発音を聞くことができるうえ、自分で声にだしてアウトプットできるため非常に効率よく発音を学ぶことができます。

最初のうちは短文のものからはじめ、慣れてきたら長文の英語にもチャレンジしてみてください。

❺日本語が通じない環境にいる時間を増やすべし!

外国人のいるイベントや英会話スクールでも、日本人の講師や生徒が周りにいると日本語で質問や話をしたくなってしまいますよね。

でもこれでは英語力は上がりません。

つい日本語を話してしまわないように、日本語が通じない環境に身をおきましょう!

日本語禁止のイベントに参加する。

英会話スクールならネイティブとのマンツーマンレッスンをうける。

英語しか通じない環境にいることで、英語を話す積極性と英語力がグンと高まります。

❻強調したい単語だけはっきり発音すべし!

上記の⑥で出した例文をつかっていこうと思います。

「I’m a member of this team.(私はこのチームの一員です。)」

1文の全単語をはっきり発音してはいけません。

この文の場合、「チームの一員」であることを1番伝えたいため強調する単語は「member, this, team」の3単語だけで良いのです!

いってしまえば、この3単語さえいえば何がいいたいのかわかります。

1番伝えたい重要な単語だけを発音すればだいたいのニュアンスがつかめるため、わざわざ全部の単語をはっきり発音する必要はないのです。

❼受け答えの瞬発力を鍛えるべし!

英会話は文字通り「会話」です。

会話というのは、相手が話したことを理解して自分の意見も返すということのくりかえしですよね。

英語にしても日本語にしても会話の順序は一緒なわけであり、相手の言ったことにできるだけ早く返す瞬発力を鍛えることが重要となります!

英語が話せなかった私が実際にやって英語上達した方法【体験談】

文法がバラバラでもいいからとにかくしゃべった

英語が上達する前の私は、頭のなかで文法をつくり、言いたいことをかんぺきにまとめてから話すということをしていました。

チャットならともかく、これだと相手を待たせてしまい会話がままならない、、

相手にストレスをあたえてしまい、あげくの果てにあきれて帰ってしまうかもしれません。

こんな思いを自分もしたくないし相手にもさせたくありませんよね。

そこでおもいきって文法とかアクセントとか気にせず、でてきた単語をパッといってみることに。

すると相手は、わからないどころか私がいった英語にうなずきふつうに返答までかえしてきたのです!

「え、文法めちゃくちゃなのにつうじた!」

ほかの外国人にもおなじように、文法めちゃくちゃ英語ではなしてみることに。

そしたら、伝えたいことがどうやらだいたい伝わったみたいで納得してくれました。

この経験からかんぺきな文法をかんがえて話すよりも、でてきた単語やフレーズをとりあえず話してみることのほうが重要なのだと気づきました。

ネイティブっぽい発音を意識して発声

あなたの周りにもいるのではないでしょうか、おおげさすぎるほどにネイティブっぽい英語を発音している人。

でもこれ、スピーキングにおいてとても重要なのです!

日本人のおおくはカタカナ英語で英語をおぼえてしまっています。

カタカナ英語が聞こえるものだとおもってネイティブの英語を聞いていても、ずっと聞きとれないでしょう。

英語は音で理解するべきであるため、ネイティブの発音をそっくりそのままマネするくらいの勢いで学ぶのがベストです!

英会話するとなったら、単語の音を意識してそれっぽい発音をすることから心がけてみてください。

質より量

1回のハイクオリティより10回のチャレンジ。

正しい英語をはなすことよりも、何回もはなすチャレンジをして場数をふやして英語になれましょう。

そうすることで英語で話すことにだんだん抵抗をかんじづらくなり、英会話になれるスピードもはやくなります。

話し相手はネイティブじゃなく非ネイティブ

英語ネイティブに話すとなると緊張してしまったり、ひくい英語力だとつたわらないのでは、、という不安がうまれてしまいます。

初心者のときはとくになんですが、ネイティブではなく非ネイティブ、もしくは英語を勉強している外国人と英会話をするべき!

おなじ学習者どうしなら緊張もすこしはかんじづらくなるでしょうし、相手もゆっくり話すので英語になれるのに最適。

さらに、一緒に英語を勉強する仲間ができるため得だらけといえるでしょう。

つよく発音される単語だけ聞きとるようにした

これはリスニング力をあげる方法でもあるのですが、英語1文のすべての単語を聞きとろうとすると理解がおくれて空回り、、

英語というのは情報伝達言語であり、話し手が1番つたえたいところの単語のみが強調されて発音されます。

長文の会話となるとなおさら。

私も実際、英語をきくときはぜんぶの単語をひろおうとせずに強調されている単語にフォーカスして聞きとり理解しています。

そのほうが話し手のいっていることがなんとなく分かり、やがてなれてくるとしっかり内容が理解できるようになってくるでしょう。

モチベーションのたもち方

「英語学習ってつづくか不安…」

言語を習得していくうえで1番の不安要素といっても過言ではないこと、それは”継続”できるかどうか。

学習をすすめるにつれて知らない単語や発音などがでてきて挫折しかけそうになるときありますよね。

あなたもおそらく英語学習で挫折しかけた瞬間にでくわしたかもしれません。

せっかくしばらく継続してきたのにここであきらめるのは非常にもったいない!

挫折しかけたときに少しふんばれるかどうかであなたの英語力が大きくかわってくるのです。

「挫折しそう…。」

そう感じたときにモチベーション維持するために意識するべきことをご紹介します。

ネイティブのような超ペラペラになろうとしないこと

あなたが日本語のネイティブであるように、英語ネイティブの人もこどものころから英語にふれてきたから英語が話せるのです。

うまれてからずっと英語にかかわってきた人と同レベルの英語力をつけることは、しょうじき相当むずかしい。

ではどうすれば良いのかというと、めざす英語レベルをすこし下げましょう。

なにもいきなりネイティブと張りあおうとする必要はありません。

目標をあまりにたかいものにしてしまうと逆効果です。

まずは身近にいる英語が多少はなせる人を目標とし、すこしずつ着実にレベルアップしていきましょう。

英語がはなせるようになった未来の自分のすがたを想像する

さてここで想像してみてください、英語が話せるようになった自分自身を。

さまざまな場面で可能性がひろがっていることでしょう。

あなたがなりたい自分になっているところを想像することで、「絶対なってやる!」と再び気合いが入るかとおもいます。

絶対なってやりましょう!

すべては視野も可能性もなにもかもひろがった、未来のかがやかしい自分へと成長するために。

英語をはなせる芸能人も日本人でありスタート地点は一緒

英語をはなせる芸能人や著名人、かっこいいですよね。

世界的にかつやくしている彼らをみると応援したくなってしまいます。

そんな芸能人たちも、あなたと変わらない日本人なのです。

彼らも最初は英語が全然はなせず苦労してきたことでしょう。

「頭がいいから英語ができたんでしょ。」

いえ、言語というものは訓練していけばだれにでも習得できるもの。

最初から天才だったわけではなく、天才にちかづくための努力や継続をしてきたのです。

どんな人でも、最初は全くできなかった状態でのスタート。

あなたも好きな芸能人の英語力にちかづくために、もうひとふんばりしてみませんか?

テストをうけて英語力を把握する

現在のあなたの英語力を把握するためにテストを定期的にうけましょう。

代表的な英語テストがTOEIC。

TOEICでは自分の英語力をスコアとしてみることができます。

いまのあなたのレベルやスキルがどのくらいか。まだ足りないのはどの部分か。

現状を把握することで今後の学習にもつながり、スコアアップするためにやる気をあげることができるでしょう。

1億→15億

この数字はなにを表しているかわかりますか?

1億は、だいたいの日本人の総人口(2020年/07/01現在1億2596万人。「総務省統計局」より)

15億は、世界の英語話者の総人口。(国連、文部科学省、U.S. Visa Talkおよび Crystal D.「A History of the English Language」より)

レベル関係なく、英語をはなしている人が世界でなんと15億人もいるのです!

はんぱない多さですよね。

つまりは、あなたが英語をはなせるようになったら今よりさらに14億もの人と会話が可能に!

もうここまでくると言語で世界制覇できそうな勢いですよね。

外国人は日本人が考えつかないような発想や意見をもっていることもあります。

会話できる人の範囲をひろめることは、あなたの知識をふかめることにつながるでしょう。

伝えたいことが相手に伝わっていたらOK

「英語は難しくて私にはムリ…。」「ネイティブみたいにスラスラしゃべれない…。」

あなたがもし英語を話すことにたいして高い基準を設定しているのであれば、基準を下げてみてください。

言語はそもそも言いたいことが伝わればいいのです!

ムリに完璧さやテンポの良さを意識しようとせず、まずはカンタンな単語で短いフレーズを話すように心がけていきましょう。

まとめ

 

英会話というものを難しく考えすぎてしまうと苦手意識が強まるどころか、英語が嫌いになってしまう可能性もありえます。

「完璧」を求めるよりも、「伝える」ということを意識して英会話に取り組むことが大切であります。

あなたもこの7つのことを少しずつでもいいので意識して英会話上達につなげてください。

『7日間無料』最強アプリTOEICスタディサプリENGLISHでTOEIC900点超え

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)。

リクルート社が出している大人気アプリスタディサプリENGLISH

今なら7日間無料できるトライアルもあり。 

8月24日(火)16:59までの期間限定で通常月額1,980円→980円になるお得なキャンペーンも実施中。

途中解約もOK。まずは無料でお試し!

スタディサプリなら

ちょっとした隙間時間で

・単語力

・文法力

・リスニング力

・リーディング力

を鍛えることができます

これはまじですごいです!

アプリなので、電車の中でもいつでもどこでもできます!

僕もこのスタディサプリを使いながらTOEIC520点→TOEIC900点超えにあげました!

 

さらに最初の一週間は無料ですので、試すだけでもOKです!

リクルートが誇る最高のサービスなので、ぜひ試してみてください!

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)の公式サイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)