英語学習をルーティン化するために「頑張らない」方法

『7日間無料』最強アプリTOEICスタディサプリENGLISHでTOEIC900点超え

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)の公式サイトへ

リクルート社が出している大人気アプリ、スタディサプリENGLISH

今なら7日間無料できるトライアルもあり。 

8月24日(火)16:59までの期間限定で通常月額1,980円→980円になるお得なキャンペーンも実施中。

途中解約もOK。まずは無料でお試し!

 

 

悩める人

英語学習が続かない、、、、、

Kei

ルーティン化したら英語学習が継続できるよ!

こんにちは!みなさん、楽しく英語学習を継続されていますか?

「英語力をあげたい!」と常々思っているのに、勉強を継続するのがとても難しい、、

と悩んでいる方多いのではないでしょうか?

  • 英語ができればいいことばかりと痛烈に感じている
  • 英語を話せたらかっこいいから憧れる
  • 「自分もそうなりたい!!」と心の底から思っている

それなのに!なぜか英語の勉強が続かない!というのは、英語を勉強する全員に共通する悩みだと思います。

TOEIC980点の高得点を保持する英語力を身につけた私も、同じ悩みで苦しんでばかりでした。

私は、モチベーションに頼って英語を学習していたのですが、全くルーティン化できずに何度も挫折してばかりでした。

そしてある時、気づいたんです。

「モチベーションだけに頼っていたら英語のルーティン化は、(私には)永遠にできない」と。

その日から、モチベーションに頼らない、かつできるかぎり頑張らない勉強スタイルを試行錯誤を経て編み出し、ようやくルーティン化することができました。

ここでは、

  • 私がルーティン化成功のために実行した方法
  • ルーティン化を習慣化していく過程での気づき

その全てを皆さんと共有したいと思います!

ルーティン化の日常化に成功すると、英語学習以外にも良いことがたくさんあります。

皆さんの夢の実現のための英語学習を継続するヒントになれば幸いです!

英語学習が続かない理由

まずは、なぜ英語学習が続かないのか?その理由について考えてみましょう。

主な理由は、

  1. 単調さ(地味)
  2. 上達の実感がみえにくい(「かけた時間に比べて効果が薄い」と感じがち)
  3. より英語が喋れる人と自分を比べて落ち込みがち(最近はGoogleという強敵も出現して、さらに焦る)
  4. アウトプットする場が自分のレベルに合っていないと辛いトラウマになり、英語を勉強する意欲がなくってしまう

などが考えられます。

これらの理由をうまくカバーし、自分の英語力に合わせて指導/話せる環境を提供してくれる英会話スクールに通う、コーチングを利用するというのも、有効な学習方法の一つですね。

しかし、ここでは「まずは独学学習のルーティン化」に焦点を当てて考えていきたいと思います。

先に述べた4つの理由のうちの3つの理由

  1. 単調さ(地味)
  2. 上達の実感がみえにくい
  3. より英語が喋れる人と自分を比べて落ち込みがち

これが、独学での学習継続を挫折してしまう最大の理由です。

モチベーションだけでは情熱は維持できない。

そもそも、モチベーションとは「何かを始める時の動機や理由」です。

海外で働きたいから、留学をしたいから、英語が喋れたらかっこいいから、英語を勉強しょう!という一番大事な”パッション”の部分です。

モチベーションは目標を設定する時の最も大きな原動力です。

しかし、目標達成のための学習の継続に必要なのは、モチベーションではありません。

維持力と習慣化が重要になります。

続かない理由ってどれもネガティブですよね。

しかも、頑張って勉強をしている自分に対するネガティブイメージです。

ネガティブな影響を受けたらやる気ってなくなりませんか?

そして、人間はみんな気分にムラがあります。

ハッピーな時は難しいことにも前向きに取り組めますが、悲しい気分で勉強が手に付かない日もたくさんありますよね。

英語学習を継続していくために、一番大事なのは、

  1. 「気分にはムラがある」ことをまず認める
  2. 英語学習の成果を実感できるまでには(ある程度の)学習時間が必要であることを認識する
  3. 感情に左右されない「ルーティン化(習慣化)」してしまうということです。

MEMO
ルーティン化が大事!

継続に必要なのはただ一つ、「ルーティン化の仕組み化」をすること

最近、ビジネスや自己啓発系の動画でよく耳にするようになった「ルーティン化」。

「習慣化/日課化」という意味です。

ここで目指している「英語学習のルーティン化」のイメージは、「(何にも考えずに)朝起きたら歯を磨き、着替え、朝ごはんを食べるように、英語学習を行う」ということ。

当たり前のことなので、何も考えず、頑張らず、モチベーションもやる気も必要とせずに行なっていますよね。

人間は、習慣レベルになるとほぼ無意識で行動します。

「日々の英語学習をこのレベルのルーティンまで引き上げること」を目指しましょう。

やる気も大事なエネルギーです。

そしてエネルギーには限りがあります。

勉強を始めるという部分にエネルギーを使わず、英語学習そのものにより多くのエネルギーを注ぐ仕組みを作るには、感情に左右されないルーティン化が最適の答えです。

仕組み化するための方法

では、どうやったら英語学習のルーティンを仕組み化できるのか?

その方法を順番に一緒に考えて行きましょう。

①大目標を設定する(これが一番大事)

まずは、自分のパッションとフィーリングに従い

①自分が英語を勉強したいと思っている理由

②理由を実現するために必要な英語力

③期限(いつまでに達成するのか)

④数値目標(TOEICで◯◯点取りたいなど)

を書き出し、目標を明確にしましょう 。

例えば、1人で海外旅行をできるようになりたい、外国人の友人ともっとコミュニケーションを撮りたい、TOEICの点数をあげたい、海外駐在できるようにビジネス英語に磨きをかけたい等々なんでもOKです。

「大目標=なりたい将来の自分」です。

実現できるかどうか?は考慮に入れずビッグな夢を描きましょう。

MEMO
「自分が(本当に)目指すゴールはどこなのか?」を認識することが一番大事です。

②目標達成に必要な勉強時間を把握する( 英語学習にコミットする覚悟を決める)

大目標が決まったら、目標達成のために必要な勉強時間をパックリと把握し、ロードマップ(道筋)を立てましょう。

英語学習は時間がかかる性質の学習のため、目標までのロードマップがないと、上達具合が分かりづらく、ほぼ間違いなく途中で挫折します。

例えば、目標が TOEIC の点数を上げる!ことなら、TOEICの点数アップのために必要な学習時間の把握をしましょう。

ちなみに、TOEICの点数を100点上げるための目安は、

TOEIC500点→600点 250〜300時間

TOEIC700点→800点 500〜600時間が必要とされています。

TOEIC の点数を上げるのは時間がかかるものだと、頭ではわかっているけれども、こうはっきりと数字で示されると、かなりのインパクトがありますね。

残念ですが、我々はこれに取り組んで行かなければなりません。

目標の数字を胸に、「やるぞ!」と覚悟を決めましょう。

このプロセスを入れる事で、「目標が高すぎて現実的ではなかったぞ」など、気づくことがあります。

もし、明らかに達成が難しい目標だった場合は、「頑張れば達成可能だと感じられる目標」に再設定し直しましょう。

後ほど学習計画を決める部分でも触れるのですが、まずは毎日続けられそうな短めの学習時間を設定してください。

いきなり1日3時間やるんだ!なんて高い目標を掲げると、ほぼ間違いなく挫折します。

ちなみに、TOEICの点数をあげるために必要な目安学習時間は、こちらのサイトが参考になります。

https://english-listening-center.com/blog/toeic-study-time/

https://news.mynavi.jp/article/20120727-tex/https://english-listening-center.com/blog/toeic-study-time/

③生活スタイルを洗い出し、英語学習にかける時間を確保する。

これで、必要な学習時間が分かりましたね。

次のステップでは、学習時間の確保と、学習スタイルを決めます。

我々の目標はルーチン化なので、

  • 日常の生活の中に英語学習を取り入れていく
  • 時間や場所の制約を設け、ある程度の強制力を作る

という形で学習計画を考えることが継続させやすいポイントになります。

もし、毎日1時間(一週間で7時間)の英語学習が必要としているなら、

  • これまでは音楽を聞いていた通勤時間をリスニングに当てる(20分)(置き換え)
  • どれだけ疲れていようとも、家から帰ったらまっすぐ机に向かって勉強する(30分)(強制)
  • お風呂の中では常に英語のラジオを聞く(10分)(有効活用)

みたいなイメージです。

今の生活スタイルでは根本的に時間が足りない場合は、生活スタイルそのものの見直しを行いましょう。

例えば、飲み会に行く頻度を減らし時間を作る、ネットサーフィンする代わりに英語での動画を見るなどです。

ある程度以上の英語力を身につけたいならば、「机に向かって行う勉強習慣」がどうしても必要になります。

もし、机に向かって勉強する習慣が身に付いてないのであれば、これも習慣化してしまいましょう。

④2週間の中目標と学習内容を決める

次に、中目標と学習内容を決めましょう。

中目標は2週間ごとにくぎり、進捗具合と内容のレビューをします。

(※ここでは2週間としましたが、違う期間で考えた方がやりやすいという方は、自身のイメージしやすい期間で設定してください。)

学習内容を決める際に大事なポイントは、

  • 実現可能な学習計画を作る。 (ハードルは低めが望ましい。)これのみです。

あれ?低めの学習計画を作る、、、?って何で?

頑張らないと私のビッグな夢は達成できないのだぞ!ホワイ!?と思った方、きっといらっしゃいますよね?

最終のゴールは、もちろん大目標達成です。

そこは絶対にブレてはいけません。

ビッグな大目標達成のために、英語学習に必要な時間を考え、生活スタイルも整理しましたよね。

そして、今我々にとって大事なことは、「まずは英語学習をルーティン化を成功させること」です。

実際の日々の英語学習ではこれが目標になります。

なぜなら、ルーティン化しない限り、我々のピックなドリームは永遠に実現できないからです。

MEMO
目標はルーティン化!

⑤ひたすら実行(目標を設定したら、まずは2週間何が何でもやりきる)

勉強法を決め、覚悟も決めたらあとは、実行あるのみです!

気分が乗らない日や、このやり方でいいのだろうか?という不安に襲われる時もあると思います。

ムラな気分、迷いは不安は全て完全に無視し、何が何でもやりきってください。

今の私たちの目標は、「毎日のルーティンをやりきること」これのみです。

⑥2週間経ったらレビューをする。

スタートして2週間がたったら、ルーティン化に励んだ結果を振り返りを行いましょう。

レビューをするときは、

  • 計画通りに達成できたか
  • 学習を続けて進歩があったか
  • 気づいたこと/反省点
  • 課題

を整理してください。

そして、これらを踏まえて、次の2週間分の学習計画を修正してください。

難しいと感じた部分は、できるやり方に柔軟に変更しましょう。

(絶対に忘れてはいけません。我々の目標はルーティン化ということを。)

難なく続けることができた!という方は、難易度や学習時間をどんどんレベルアップしてください。

⑦修正した計画で学習を続ける。を繰り返す

実行→計画修正→実行を繰り返し行ってください。

まずは「ルーティン化すること」を目標とし、英語学習の習慣を定着させましょう。

習慣となれば、英語学習に対しての苦手意識や辛さが減っていきます。

英語力の向上は、学習の継続のみがもたらしてくれる成果です。

⑧アウトプットの場を積極的に作る

学習を続けていく中で、アウトプットの場を積極的に自分から作っていきましょう。

学習の成果を実感しやすくて、自分が楽しめる事がオススメです。

例えば、

  • TOEICを受けてみる (前回に比べてスコアがどれだけ上がった?)
  • 字幕なしで英語動画を見る (以前と比べて聞き取れる英語量がどれだけ増えたか?)
  • 外国人の友人に積極的に話しかける (前と比べて会話がどれくらい長く続けられたか?)

など何でもOKです。

今回は、ルーティン化のステップの最後に紹介しましたが、計画の中に入れてしまうのも、強制力が増すのでオススメですよ。

ルーティン化することのメリット

紹介した考え方はスパルタ筋トレみたいでびっくりした方もいると思います。

ルーティン化で大事な視点とは「感情に左右されない」習慣化なんです。

ルーティン化することの一番のメリットは迷わなくなる(少なくとも今よりは)ということです。

英語学習が挫折しがちな一番の理由は心理的は不安や焦りです。

しかも、自分自身が勝手に想像して作り出すネガティブイメージが多いです。

ネガティブイメージに左右され、エネルギーを消耗し英語学習を難しく感じた経験ありませんか?

自分自身のネガティブ感情を取り除き、ビジネスライクに英語に取り組んだ方が、最短でルーティン化できます。

特に英語学習は、仕事や習い事、筋トレに比べて効果を実感できるまで、さらに長い時間を必要とします。

目に見える成果がないと、不安になったり、諦めたりする気持ちが出てくるのは当然です。無意識レベルのルーティン化をすれば、英語学習の継続を妨げる迷いも不安も生まれません。

仕組みルーティンを続けるためのマインドセットとアイデア

 

そうはいっても、ビジネスライクにドライにやり続けろって難しいですよね。

ルーティン化のために役立ったマインドセットとアイデアをご紹介します。

難しいと感じたり不安になった時は、このポイントを思い出して自分を励ましましょう。

  • 自分を他の人と比べない(比べるのは学習を継続した自分と、学習を始める前の自分だけ)
  • 周りの声に惑わされない(一週間で英語力が上がります!なんて広告は、ほぼ嘘です
  • 達成できる目標を設定する
  • 達成できたら自分をものすごく褒めまくる
  • きちんと勉強に取り組む環境を確保する(時間と場所を決める。)

だらっと隙間時間がある時にやろうというスタンスではほぼ間違いなく挫折します。

  • できない日は1日1分でもいいのでとにかく英語に触れる
  • できなかったときは、減点方式で自分を責めない

私が行なったルーティン化

実際に私が行ったルーティン化の方法を紹介しておきます。

家だと誘惑が多く、ルーティン化するのがキツかったので、

  1. 外で勉強する
  2. 日常生活を英語にできる限り置き換える

というアプローチで成功しました。

今では家でも勉強できるようになりましたよ。

実際には、

  • 自転車通学中に NHK のラジオをひたすらリピート(田舎だったので、声出しながらのスピーキングももちろん行う。)
  • 学校が終わった後は、必ず図書館に行って30分英語の勉強をする
  • 図書館に行ったら、英字新聞を15分読む
  • 土日休みの日は、少なくとも合計2時間は図書館に行き勉強することを義務とする
  • ニュースは英語で見る
  • スマホの言語の初期設定は英語
  • 映画は英語のものを観る(英語学習のために映画を積極的に観ていたら、いつしか映画鑑賞が趣味になったという、違う意味でのルーティン化が生まれた。)

図書館では、スマホに音源を入れておけば、リスニングやディクテーションもできます。

放送時間が決まっているニュースやラジオは拘束力があるので、多用することをオススメします。

ルーティン化で身についた嬉しい副作用

私は英語学習でのルーチン化を、試行錯誤しながら身につけていきました。

習慣化したあとに英語学習に限らず、生活スタイルがいい方向に変わったなあと気づきました。

良いことばかりだったので、皆さんと共有しておきたいです。

  • 生活リズムが整う
  • セルフマネジメント能力(やりきる力・目標設定や計画を立てる力)が高くなった
  • 内省(自分を客観的に見て反省する)する習慣が身についた
  • 学習習慣そのものが身に付いたので、学ぶことが好きになった
  • 1回の挫折で、感情的に大きくヘコむことが少なくなった

気持ちが折れそうな時は、「いい副作用もあるんだな」と思い出して、頑張って行きましょう!

まとめ

今回は、ルーティン化を成功させた方法を自身の経験を元にお話しました。

皆さんの英語学習の何かのヒントになれたら嬉しいです。

英語は、継続し続ける必要がある終わりのない学問であり、継続し続ける事の重要性は上級者になっても変わりません。

英語学習が習慣となれば英語力は間違いなく上がるので、ルーティンが楽しみに変わるようになります。

そして、上級者でもサボりたい時や勉強したくない日は多々あるので、1日でも早くルーティン化に成功すれば良いことばかりです。

毎日の学習の積み重ねだけが、自分の夢(大目標)を実現させます。

さっそく今からルーティン化、始めてみませんか?

『7日間無料』最強アプリTOEICスタディサプリENGLISHでTOEIC900点超え

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)。

リクルート社が出している大人気アプリスタディサプリENGLISH

今なら7日間無料できるトライアルもあり。 

8月24日(火)16:59までの期間限定で通常月額1,980円→980円になるお得なキャンペーンも実施中。

途中解約もOK。まずは無料でお試し!

スタディサプリなら

ちょっとした隙間時間で

・単語力

・文法力

・リスニング力

・リーディング力

を鍛えることができます

これはまじですごいです!

アプリなので、電車の中でもいつでもどこでもできます!

僕もこのスタディサプリを使いながらTOEIC520点→TOEIC900点超えにあげました!

 

さらに最初の一週間は無料ですので、試すだけでもOKです!

リクルートが誇る最高のサービスなので、ぜひ試してみてください!

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)の公式サイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)