英語発音のお悩みは本で解決!その理由と発音本5選【学習タイプ別】

『7日間無料』最強アプリTOEICスタディサプリENGLISHでTOEIC900点超え

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)の公式サイトへ

リクルート社が出している大人気アプリ、スタディサプリENGLISH

今なら7日間無料できるトライアルもあり。 

8月24日(火)16:59までの期間限定で通常月額1,980円→980円になるお得なキャンペーンも実施中。

途中解約もOK。まずは無料でお試し!

悩める人

英語をカッコよく話してみたいなぁ。。

手軽に入手できる発音本にすごく興味があるけど、『本』で発音が良くなるのかなぁ?

Kei

流暢な英語は魅力的で憧れるよね。

発音の基礎を叩き込める本での学習はおすすめ!

『発音の仕組み』をしっかり理解していくことが上達のカギだよ。

 

「超簡単な単語やフレーズなのに間違って解釈してしまった」

「学校で習った英語を話しているのに伝わらない」

 

こんな経験はありませんか?

今挙げた例は多くの日本人が持つ悩みであり、英語に苦手意識を持つ原因でもあります。

 

しかし、こんな悩みは発音をマスターすれば全て解決。

悪いクセが付いたままでは、決して思い描いているような英語を話すことは出来ません。

 

今日からカッコイイ英語を目指し、発音の特訓を始めましょう!

目次:

【第一章】英語発音を『本』で学ぶメリット

【第二章】英語発音鍛えるならこんな本!5つの選び方

【第三章】あなたはどの学習タイプ?英語発音本5つご紹介!

【第四章】本と組み合わせてグレードアップ!英語発音強化ツール

【終章】 まとめ

 

※本記事は、『発音本』で英語を鍛えたいと思っている方向けの内容です。

【第一章】英語発音を『本』で学ぶメリット

発音本での学習がどうして効果的なのでしょうか?

本特有のメリットがその根拠。

4つの項目から解説していきます。

1. 疲れにくいので集中できる

デジタル化が進む世の中。

今では書籍でさえスマホ一台で読めるようになりました。

しかし便利な反面、目に負担がかかり疲れやすい特徴もあります。

 

どうせなら学習も健康的にしたいですよね。

紙の本であれば、長時間の学習も安心。

疲労を感じにくいので、じっくり集中できます。

2. スペルを正しい音に矯正できる

6年間の義務教育で習った英語は一旦忘れましょう。

そもそも正しい音で学ぶことが出来ていないためです。

中学レベルの簡単な単語でさえ、間違って覚えている可能性もあります。

 

とは言え、習得した文法やスペルの知識はムダにはなりません。

正しい音とスペルを照合し直し、本来の英語に修正していきましょう。

3. 手が出しやすく始めやすい

スクールと違い、月額料金なんてものは当然かかりません。

一度購入してしまえば、すぐに学習を始めることが出来ます。

 

また、自分の予算に合わせて選べるのも嬉しいポイント。

長期間お世話になると思えば、スパ面でも悪くないでしょう。

4. 無理なく学習できる

大抵の教材本は、いくつかの学習プロセスで構成されています。

一日の学習量が調整しやすく、無理のない学習計画を立てることが出来ます。

 

「今日はここだけやろう。」

 

学習量が多いことに越したことはありませんが、毎日コツコツ続けることの方が大事。

無理しない学習は継続でき、継続は結果に繋がります。

 

Kei

良いこと尽くしの発音本ですが、デメリットもあります。

対策も用意してありますので確認してみましょう!

 

デメリット

説明文だけでは分かりづらい ▶▶対策:【第二章】2.で解決!

口の動かし方や舌の位置など、発音のコツを伝えるため様々な表現で工夫されています。

しかし、文字だけでは理解しにくい部分があるのも事実です。

 

成長が実感しにくい ▶▶策:【第四章】③で解決!

正しい発音が本当にできているかどうか、自己判断では難しいでしょう。

【第二章】英語発音鍛えるならこんな本!5つの選び方

メリット・デメリットを確認したところで、さっそく発音本を購入しましょう。

具体的にどのような発音本を買えばいいのでしょうか?

選ぶポイントとしては以下の5つ。

1.『音声教材』付きの本

2.『イラスト解説』がある本

3.『母音・子音』が学習できる本

4.『音声変化』がマスターできる本

5.『ディクテーション』問題付きの本

すでに発音本をお持ちの方も照らし合わせてみて下さい。

では、詳しく見ていきましょう。

1. 『音声教材』付きの本 #音は必須条件

CD、音声データ、オーディオブック。

このような音声教材が付属されているか必ず確認しましょう。

 

発音学習において音声教材は必須アイテムです。

文字を読むだけでは、決して発音を鍛えることは出来ません。

 

中でもオススメは音声データ。

CDを巻き戻す手間が省け、手軽に聴けるのでとても便利です。

 

また、スマホにダウンロードしておけば外出先や移動中に聴くことも可能。

スキマ時間を学習時間に充てたい人に持ってこいの教材です。

MEMO

自分の学習スタイルに合った音声教材を選びましょう。

どの音声教材を使っても効果はあり優劣はありません。

自宅ではCD、外出先ではデータ。など使い分けてみるのも良いでしょう。

2. 『イラスト解説』がある本 #文字だけじゃ分からない

多くの発音本には大抵、発音する際に必要な動作についての説明があります。

口の形や舌の位置などを様々な表現で記述しているんです。

動かすことを説明文だけで理解するのって結構シンドくないですか?。

 

イラストや写真、図解付きの本があれば積極的に選んでみましょう。

一気にイメージしやすくなり実践できるようになります。

 

また、動画で解説してくれるDVDもオススメ。

静止画にはない『動き』を加えることで、さらに習得しやすくなります。

MEMO

小難しい教材本が苦手な人にもイラスト入りの本はオススメ。

活字だけの圧迫感が軽減され学習しやくすなるでしょう。

英語初心者は、子供向けの本から始めてみるのも一つの方法です。

3. 『母音・子音』が学習できる本 #真の英語はここから始まる

「母音・子音なんてめんどくさい。」

「基礎英語なら学校で習ったから大丈夫。」

 

本当に発音を良くしたいのであれば、母音・子音は避けて通ることは出来ないでしょう。

前述しましたが、ほとんどの学校で正しい英語の音なんて勉強していないからです。

 

英語には日本語に存在しない『音』があります。

『アイウエオ』だけでは英語の発音は不可能なんです。

 

料理で例えてみましょう。

オムライスを作ろうと思ったあなたは、冷蔵庫の中を見てみます。

しかし、材料が不足していたので代わりのものを使って作ることにしました。

 

ケチャップが切れていたので代わりにマヨネーズを。

アレンジで納豆を入れてみて、最後に卵で包んで完成。

 

さて、果たして出来上がったものは『作りたかったオムライス』と言えるのでしょうか。

美味しいか美味しくないかは別問題として、おそらく答えはNOですよね。

見た目はオムライスのようですが、実際に食べると違和感を感じるはずです。

 

理想的な英語を話したいのであれば、材料である音を正す必要があります。

持ち合わせている日本語の音では、本来の英語は絶対に完成しません。

 

まずは母音と子音を徹底的に叩き込みましょう。

『話したい英語』にするための始めの一歩です。

MEMO

母音・子音について、ざっくり知りたい方はチェック!

日本語と英語はこんなにも違うんです。

 

 

4. 『音声変化』がマスターできる本 #変幻自在な英語を攻略せよ

「スペルを見ても全くその通りに聞こえない」

 

原因は英語発音最大の敵、音声変化。

厄介なことに、英語は単語と単語が繋がると全く別の発音に変化してしまいます。

ネイティブスピーカー達は、鼻からスペル通りの発音なんかしていないのです。

 

代表的な音声変化は大きく3つ。

 

・連結(AとBの単語の一部が一つになってしまう)

・同化(隣の音に影響され別の音に変化してしまう)

・脱落(発音しなかったり聞こえにくくなる音がある)

 

一見難しそうに見えますが、大丈夫。

音声変化には法則性があり、聴き取るコツが存在します。

 

初めは大変かもしれませんが、音声変化が攻略できれば英語が一気に楽しくなります。

頑張ってマスターしましょう!

MEMO

上記の他にも下記2つが学習できる本はオススメ!

・イントネーション(抑揚)

・リズム(強弱)

リアルな会話では、テンションや感情に発音が左右されるので非常に役立ちます。

5. 『ディクテーション』問題付きの本 #ウィークポイントを探る

ディクテーションとは、聴き取った英語をそっくりそのまま書き取ること。

自分の苦手箇所を把握することで効率よく学習ができます。

 

ここで重要なのは、正しいスペルを書き出すことではありません。

音声変化している英語を変化前の英語に分解し、本当に理解できているかを確認することが目的。

あくまで弱点把握のために行うのです。

 

弱点がハッキリしたら聴き取れるまでトコトン特訓しましょう。

聴けることは言え、言えることは聴けるようになります。

音声変化に慣れればこっちのもんです。

MEMO

使いたい発音本にディクテーション問題が無くても大丈夫!

自分で紙を用意し、付属の音声教材を使って書き取ってみましょう。

 

ディクテーション用の教材を別に買ってもOK。

一冊だけにこだわる必要はありません。

【第三章】あなたはどの学習タイプ?英語発音本5つご紹介!

「選び方は分かったけど、いろいろありすぎて迷っちゃう。。」

 

そんな方のために、実際に使ってみた発音本を5つご紹介!

ぜひ、自分に合った発音本探しの参考にしてみて下さいね!

①シンプルに基礎を叩き込みたい!王道派▶▶『英語耳』

【音声教材】 CD
【イラスト】 少なめ
【母音・子音】
【音声変化】
【ディクテーション】
【特徴】 #the定番 #余計なものはいらない

イラストは少なめで非常にシンプル。

ごちゃごちゃしたデザインが苦手な人にもオススメです。

 

ディクテーション問題はありませんが、とにかく練習できる英語量が莫大。

この一冊をやり込めば、基礎は十分に身に付くでしょう。

 

音声は『ゆっくり』『速く』『自然に』の三段階。

洋楽での学習など変わりネタも。

納得のボリュームです。

②とにかく読みやすさ重視!ビジュアル派▶▶『声にだして読む英語発音の本』

【音声教材】 CD、データ音声
【イラスト】 多め
【母音・子音】
【音声変化】 △(あっさり)
【ディクテーション】
【特徴】 #フルカラー #読みやすさMAX

フルカラーイラストと大きめ文字でとにかく見やすさ抜群。

発音学習が全くの初心者や、英語への苦手意識が強い人にもオススメです。

 

聴き分けにくい音同士をセットにしてあるなど、かなり優しい学習内容が特徴的。

母音・子音は問題なく学習可能ですが、音声変化に関してはあっさりしています。

この一冊だけで発音全般をマスターできるのは厳しいでしょう。

 

とは言え、発音学習の入り口として始めてみるのは十分アリ。

肩慣らしの一冊としてオススメです。

③時間をかけずにマスターしたい!効率重視派▶▶『5つの音声変化がわかれば英語はみるみる聞き取れる』

【音声教材】 データ音声
【イラスト】 少なめ
【母音・子音】
【音声変化】
【ディクテーション】  〇
【特徴】 #短期集中 #10日プラン

本のタイトル通り音声変化を学ぶには持ってこいの一冊。

イラストは少なめですが、読みやすい内容です。

 

聴き取れない原因と学習内容が結びついているので、納得しながら学習を進められます。

10日間で一通り学習できるプロセスも嬉しいところ。

時間があまり確保できない忙しい方にもオススメです。

 

音声の内容量も多めで、解説も丁寧。

母音・子音は本の後半にあるので、始めは後ろから学習するのが良いでしょう。

④じっくり確実に鍛えたい!慎重派▶▶『最強の英語発音ジム』

【音声教材】 CD、データ音声
【イラスト】 多め
【母音・子音】
【音声変化】
【ディクテーション】
【特徴】 #一冊満足

漫画のように会話を読み進めながら学習が出来る発音本です。

先生と生徒のキャラクターが登場し解説してくれます。

 

イラストや図解も多めで、要所要所に学習ポイントあり。

解説もかなり丁寧なので初心者でも安心して取り組める内容です。

 

ミッションごとにまとめテストがあり、実力チェックも可能。

音声変化に関しては、リズムやイントネーションの学習もでき内容充実度は抜群。

やり終えた頃にはかなりのレベルアップが期待できる一冊です。

⑤狙うは音声変化のみ!一点集中派▶▶『英語を聞いてから話す ライザップ音読』

【音声教材】 データ音声
【イラスト】 少なめ
【母音・子音】
【音声変化】
【ディクテーション】
【特徴】 #音声変化特化型 #結果にコミット

母音・子音の学習内容はありません。

音声変化強化用として学習することをオススメします。

例題音声やディクテーションが多く、さらに磨きがかかるでしょう。

 

学習内容が24日分に細分化されているので、負担は少なくもしっかり定着できるような内容です。

教材音声は低速と通常速があり、無理のない学習が可能。

 

ただし、学習途中の『リスニングエクササイズ』は飛ばしてしまっても良いでしょう。

ゲーム感覚で解く問題として用意されていますが、ルールが少し分かりにくいためです。

メインの学習内容をこなせば、しっかり結果が出る一冊です。

【第四章】本と組み合わせてグレードアップ!英語発音強化ツール

最後に、発音本と並行学習できるおすすめツールをご紹介します。

組み合わせれば、さらにブラッシュアップ!

本で特訓した発音を強化しましょう!

①YouTube▶▶『第二教材』

動画+音声の最強お供ツール。

発音のコツが分からない人はYouTubeで検索してみると良いでしょう。

動画で解説してくれるので分かりやすさ抜群です。

 

また、学習の息抜きとしてもオススメ。

スキマ時間の有効活用にもぴったりのツールです。

無料で視聴できるのも嬉しいですよね。

②ドラマ・映画▶▶『表現力』

ドラマや映画好きにおすすめ。

多くの会話を聴くことで、日常的でリアルな英語を学ぶことが出来ます。

 

さらには、アメリカ英語やイギリス英語、カナダ英語。

多種多様の英語に触れられる点も魅力的。

何より楽しいので、飽きずに継続できます。

③オンライン英会話▶▶『実力チェック』

自分の実力を確かめるなら断然、英会話。

特訓した成果を思う存分発揮してみましょう。

 

オススメは自宅で気軽にできるオンラインタイプ。

相手に伝われば成果が実感でき、英語が好きになること間違いなし!

ほんの少しでも話すことができれば、講師から褒めてもらえちゃいます。

 

人は褒められると嬉しいものです。

まずは無料期間を利用し、試してみると良いでしょう。

ネイティブキャンプを覗いてみる

 

Kei

今回はネイティブキャンプをご紹介!

レッスン回数が無制限なので場数を踏むには持ってこい!

他にもオンライン英会話はたくさんあるので、いろいろ試してみてね。

【終章】まとめ

目次 概要
はじめに Q.英語発音本での学習効果は?

A.あり

【第一章】英語発音を『本』で学ぶメリット

1. 疲れにくいので集中できる

2. スペルを正しい音に矯正できる

3. 手が出しやすく始めやすい

4. 無理なく学習できる

デメリット:

・説明文だけでは分かりづらい

対策▶▶【第二章】2.

成長が実感しにくい

対策▶▶【第四章】③

 

・有効性である根拠を本特有のメリットで解説

・デメリットと対策を提示

【第二章】英語発音鍛えるならこんな本!5つの選び方

1.『音声教材』付きの本

2.『イラスト解説』がある本

3.『母音・子音』が学習できる本

4.『音声変化』がマスターできる本

5.『ディクテーション』問題付きの本

 

・発音本を選ぶ基準を5つ解説

・補足情報として一口メモあり

【第三章】あなたはどの学習タイプ?英語発音本5つご紹介!

①『英語耳』

▶▶シンプルに基礎を叩き込みたい!王道派

②『声にだして読む英語発音の本』

▶▶とにかく読みやすさ重視!ビジュアル派

③『5つの音声変化がわかれば英語はみるみる聞き取れる』

▶▶時間をかけずにマスターしたい!効率重視派

④『最強の英語発音ジム』

▶▶じっくり確実に鍛えたい!慎重派

⑤『英語を聞いてから話す ライザップ音読』

▶▶狙うは音声変化のみ!一点集中派

 

・実際に読み、使ってみた発音本を5つ紹介

・本の特徴と気になる点を記述

【第四章】本と組み合わせてグレードアップ!英語発音強化ツール

①YouTube

▶▶『第二教材』として

②ドラマ・映画

▶▶『表現力』UP

③オンライン英会話

▶▶『実力チェック』

 

・発音をブラッシュアップできるツールを紹介

・組み合わせることで強化が期待できる

 

憧れのカッコイイ英語目指して特訓だ!

Kei

その意気!

どの教材を使うのかを考えることは、もちろん重要。

 

だけど、英語を話したいという『気持ち』はもっと重要だよ!

英語のことを知れば、もっと好きになれるね。

 

大好きな英語をトコトン極めて下さい!

『7日間無料』最強アプリTOEICスタディサプリENGLISHでTOEIC900点超え

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)。

リクルート社が出している大人気アプリスタディサプリENGLISH

今なら7日間無料できるトライアルもあり。 

8月24日(火)16:59までの期間限定で通常月額1,980円→980円になるお得なキャンペーンも実施中。

途中解約もOK。まずは無料でお試し!

スタディサプリなら

ちょっとした隙間時間で

・単語力

・文法力

・リスニング力

・リーディング力

を鍛えることができます

これはまじですごいです!

アプリなので、電車の中でもいつでもどこでもできます!

僕もこのスタディサプリを使いながらTOEIC520点→TOEIC900点超えにあげました!

 

さらに最初の一週間は無料ですので、試すだけでもOKです!

リクルートが誇る最高のサービスなので、ぜひ試してみてください!

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)の公式サイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)