楽しく英語学習をするならディズニー映画がおすすめ!!

『7日間無料』最強アプリTOEICスタディサプリENGLISHでTOEIC900点超え

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)の公式サイトへ

リクルート社が出している大人気アプリ、スタディサプリENGLISH

今なら7日間無料できるトライアルもあり。 

8月24日(火)16:59までの期間限定で通常月額1,980円→980円になるお得なキャンペーンも実施中。

途中解約もOK。まずは無料でお試し!

みなさん英語を勉強する際に、自分の好きな映画を字幕なしで見れるようにチャレンジしたことはありますか?わたしはもちろんあります。英語を勉強し始めて間もない頃でした。

元々洋画が好きで暇さえあれば見ていましたし、当然気に入って何度も見たことのある映画の1本や2本くらいあります。ちなみにわたしが当時チャレンジした映画はZac Efron主演の「17 Again」とそこまで有名ではないかもしれませんが「Little Miss Sunshine」の2本でした。

まずはその2本を字幕なしで見てみることにしたのですが、びっっっくりするくらい何言ってるかわからないんです。何度も見てストーリーだって完璧に覚えていたつもりでしたが、英語のみで理解するとなるとあまりにも当時のわたしのレベルとは違いすぎて、全く勉強にならないどころか自信とやる気を失っただけでした。

わたしのように間違ったレベルの映画をひたすら見てもなんの意味もありません。自分にあったレベルの映画を見ながら、楽しく学習することの大切さをお話ししていきたいと思います。

1.映画で学習するメリット

問題集をひたすら解いたり、リスニングテープを聞くことも大切な英語学習の一つですが、映画だからこそのメリットもたくさんあります。

さまざまな英語学習方法を試したわたしが考える、映画を見ながら学習する1番のメリットはずばり「ストーリーを楽しみながら、生きた英語を学べる」です。

教科書や参考書で学んだフレーズは堅苦しい言い回しも多く、あくまでも受験のための勉強にすぎません。

“How are you?” “I’m fime.Thank you!”のような会話は教科書ではよく見かける文面ですが、実際リアルなシーンで使うことはほとんどありません。“My name is~.”も同様です。

それに、文面だけだとどのようなシチュエーションで、どのようなテンションで言うべきフレーズなのかも想像上でしかわかりません。映画は実際に話しているシーンを見ることができるのでより想像しやすく、生きた英語が学べます。

英語学習に一番必要なのはとにかく継続させることです。これが一番難しく、最も大切なことだと言えます。英語学習にはとても時間がかかります。楽しみながら学習する方法を見つけることが英語学習を継続させる第一歩なのではないでしょうか。

2.初心者にこそおすすめしたい映画とは?!

はじめにもお話しした通り、とにかく好きな映画を観るだけではなんの意味もありません。恐らくわたしのように内容がわからず途中で諦めてしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、わたしがみなさんに強くオススメしたいのが【ディズニー映画】です。

なぜわたしがディズニー映画をオススメするのか、大きく2つの理由を紹介したいと思います。

①幅広い世代に向けた作品であること

ディズニーは小さな子供から大人まで世界各国に向けて作られています。そのため独特の言い回しやスラングも比較的少なく、発音もとてもクリアに聞こえます。初心者でも覚えやすい単語やフレーズが使われている点もおすすめです。

ストーリーもみなさんご存知の通り単純明快、誰でも楽しめる内容なので内容を理解することよりも、リスニングに集中できます。

小さな子供でも最後まで飽きずに見られるよう1時間半前後のものが多く、英語学習にも最適な長さといえます。

②日常会話のシーンが多いこと

一般的なハリウッド映画は、演出のために無言のシーンが長くあったりアクションやSFジャンルのものは、あまりにも現実とかけ離れすぎて参考にならないことが多々あります。

たまにテレビなどに出てくる、深夜アニメで日本語を勉強したという外国の方の言葉を聞いて少し違和感を感じたことはありませんか?たとえばみなさんも日本語で任侠ものの映画を見たとしても、日常会話で出てくるようなフレーズは少ないと感じますよね。

その点ディズニーはファンタジー要素が強いとは言えど、誰でも理解できるような親子愛、友情、恋愛をテーマにしているのでそのまま日常で使っても違和感のないセリフがたくさん出てきます。

3.ディズニー映画ならどれでもいい?

ここまでディズニー映画こそ、初心者の英語学習に最適な教材である理由を紹介しました。ただ、一言でディズニー映画と言っても昔ながらの短編アニメ、ピクサーなどのアニメーションCG、実写などさまざまな種類の作品が数え切れないほどたくさんあります。

有名ではありますが白雪姫、不思議の国のアリス、ピーターパンなどの50年以上前に制作された作品はかなり強いイギリス英語のアクセントがあり、堅苦しい言い回しも多く初心者向けの英語学習に役立つとは言えません。

実写版となると普段見るハリウッド映画と変わらず、大人向けにアレンジされているものも多いです。そういった点を考慮し、30年以内制作されたCGアニメーション作品の中から特におすすめの3作品を普段でも使えるフレーズと共に紹介したいと思います。

4.おすすめディズニー映画その1:Coco / リメンバーミー

【あらすじ】

主人公のミゲルは音楽が大好きでメキシコに住む少年。いつかミュージシャンになりたいと願っていますが、大昔に彼のひいひいおじいちゃんが音楽のために家族を捨てたという悲しい過去により、音楽を好きでいることすら許されず隠れてギターを練習する日々。

ある日、ミゲルは古い写真からそのひいひいおじいちゃんが伝説のミュージシャンであったことに気付きます。そこから彼はひょんなことに、生きていながらも死者の世界に足を踏み入れてしまうことになるのです。

おすすめポイント

メキシコの有名なお祭りである死者の日を題材にしているので、ミゲル本人に強いアクセントはありませんが、他の人は少しスペイン語の鈍りが感じ取れます。英語は世界共通言語です。英語を母国語としない方の英語を聞き取るのに始めは苦労することもあるので、そういった練習ができることも含めておすすめしたい作品です。

色彩がとても鮮やかで作品としてもとても美しく、ディズニーには珍しい「生と死」を題材にした作品です。大人になった今だからこそ是非見ていただきたいと思います。

使えるフレーズ

“I wish someone wanted to hear me.”

誰か僕(の演奏)を聞きたいと思ってくれないかな・・・。

 

I wish + (be)動詞過去形で、~だったら良かったのにという意味になります。

I wish I could speak English.  英語が話せたら良かったのに。

I wish it was sunny. 晴れだったら良かったのに。

5.おすすめディズニー映画その2:TOY STORY / トイストーリー

あらすじ】

主人公であるカウボーイ人形のウッディはアンディの1番のお気に入りのおもちゃであり大親友。ウッディやその他のたくさんのおもちゃたちには大きな秘密があります。それは人間が見ていないところでは話したり動いたりして、おもちゃとして生きる以外にも彼らの生活があるということ。

アンディの誕生日プレゼントに大人気の最新おもちゃ、バズ・ライトイヤーがやってきたことによって、ウッディは嫉妬心からバズに意地悪をするようになり、その他のおもちゃたちともぎくしゃくするようになります。

敵対心を抱くウッディとバズですが、ある日ひょんなことから近所に住む悪ガキ少年のシドに捕まり、新たなおもちゃいじめの標的にされてしまいます。

なんとか逃げ出そうと協力するうちに二人の間に友情が芽生え始めますが、アンディの元へ帰るには長い道のりとたくさんのトラブルが待っているのです。

おすすめポイント

ピクサー長編作品一作目のトイストーリーはみなさん一度は見たことがあるのではないでしょうか?毎シリーズ新しいキャラクターも続々と出てきますが、初期のキャラクターも最後まで出ています。会話をしていて理解できない場面があったとしても同じ人が話すのを聞くことで、性格や話し方も含め理解した上で想像し、相手が何を言いたいのか考えるということも英語学習でとても大切なポイントでもあります。

外国人の恋人や親友ができた子が英語力をどんどん伸ばしていけるのは、こういった特定の人物とたくさん会話をする機会が多いというのも一つの理由です。

トイストーリーはシリーズ4まであるので、1から順に見ていくうちにそれぞれのキャラクターの性格も把握でき、そこから会話の内容を想像するという力が身につきます。

使えるフレーズ

“I’ve got to go back home to my owner, Andy. ”

アンディのところへ帰らなきゃ。

 

I’ve got to +動詞原形で、~しなくちゃいけないという意味になります。

I’ve got to go now. もう行かなきゃ。

I’ve got to finish my homework. 宿題終わらせなきゃ。

6.おすすめディズニー映画その3:Frozen / アナと雪の女王

【あらすじ】

アレンデール王国の王女である姉のエルサと妹のアナはいつも仲良く遊んでいました。いつものように遊んでいた二人ですが、ある日姉のエルサの持つ魔法の力により、誤ってアナを傷つけ昏睡状態にさせてしまいます。

そのことがきっかけでエルサは自分の部屋に閉じこもる生活を送るようになります。やがて2人も大人になり、エルサは自身の女王即位の式典に参加しなくていけません。

久しぶりに人前に出ることへ不安を感じるエルサとは対照に、アナは解放感からはしゃぎすぎてしまい、二人は衝突、アナは再び自分の魔法の力をコントロールできなくなります。

妹のアナのことさえも拒絶し自分の殻に籠ってしまったエルサを助けるために、アナはエルサの住む氷の城へ向かうのです。

おすすめポイント

この作品の主題歌である「Let It Go」は公開当初から色んなところで耳にする機会が多く、この曲に関してはサビくらいは映画を見ていない人でも歌えるくらい有名ですよね。

みなさん日本語の歌詞が頭に入っているからこそ、英語でも是非聞いてみてください。英語を学習したての頃は頭の中で直訳してしまいがちですが、それだと違和感があったりそもそもそういった表現方法がどちらかの言語にはない、ということもしばしばです。実際にこの曲でもかなり意訳されているのがわかると思います。

会話をするには自分の知る限りの文法、単語を最大限使って多少意訳をしながら相手に伝える力も非常に重要です。普段から頭の中で直訳して「???」となっている方には是非聞き比べてみてほしいです。

使えるフレーズ

“Some people are worth melting for.”

大切な人のためなら溶けてしまっても構わない。

 

be動詞 + worth + (動詞ing or 名詞)で、~の価値があるという意味になります。

This book is worth reading again and again.  この本は何度でも読む価値がある。

It was worth the wait. 待っただけの価値があった。

7.効果的な勉強方法

一般的な映画での学習方法は

①日本語吹き替えを見てストーリーを完全に理解する
②英語音声+日本語字幕
③英語音声+英語字幕
④英語音声のみ

というステップで書かれていることが多いですが、わたし個人としてはこの方法はあまりおすすめしません。

なぜなら②で日本語での正解を先に知ってしまうと完全に意味が理解できているので、次に英語字幕で見たときにどうしても頭の中で、日本語と英語の意味を直訳し結びつけてしまう癖がつくからです。

日本語と英語は言語という意味では同じですが、全く別物として考えるべきだとわたしは思っています。英語は英語として理解する。でないといつまで経っても先に頭の中で日本語で言いたいことを英語にまとめ直す必要があるのでスムーズに会話ができません。

そういった点も踏まえて、私は以下のステップで学習することをおすすめします。

MEMO
①英語音声+英語字幕

②英語音声+日本語字幕

③英語音声のみ

①をいきなり見ても少し難しいと思いますが何度も見て全体の3、4割だけでもなんとなく理解できるようになったら②の日本語字幕で答え合わせをします。

Frozenのおすすめポイントでもお話ししましたが、まずは英語の情報だけで少しでも内容を理解できるように前後の文脈や知っている単語、フレーズから予測することはとても大切です。

すぐに日本語を見てしまうと、頭の中で日本語に訳された状態で覚えてしまうので①のステップは何回も繰り返して見てください。そして日本語字幕で1度だけ見てあとは③の英語音声のみで自分の理解度の最終確認です。

8.さいごに

冒頭にもお話ししましたが英語を学習しはじめた当初は自分のレベルもわからず、お気に入りの映画を見ては全く理解できなくてやる気をなくしたこともありました。

その後にyoutubeなどで幼児向けのアニメを見て聞き取りはできても、単純な単語の繰り返しで文法の勉強にはならず、さすがに幼児向けの英語を日常で使うこともなくすぐにやめてしまいました。

英語の学習をはじめて5ヶ月くらい経ったときに、ふとシュガーラッシュを見る機会がありました。今までの選んできた映画と違い4割くらい理解でき、あとの6割は当時の自分には少し難しくとても自分の勉強に役立っていると感じ、そこからはBGM代わりに毎日見ていました。

ある日また英語音声のみでベイマックスを見る機会がありました。その時字幕が一切ないのにも関わらず9割ほど理解できたのは、英語学習をはじめて1年少し経った時のことです。

その間にもいろいろなディズニー映画で今まで紹介した勉強をしてきました。その努力が実った瞬間は今でも鮮明に覚えています。全てがつながることの意味を理解しました。

ここまでお話ししたとおり、ディズニー映画は大人でも楽しめますし初心者の英語学習には最適な教材です。今はディズニー映画を見放題の月額サービスもあります。

是非みなさんもお気に入りの映画を見つけて、英語学習に役立ててみてください!

『7日間無料』最強アプリTOEICスタディサプリENGLISHでTOEIC900点超え

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)。

リクルート社が出している大人気アプリスタディサプリENGLISH

今なら7日間無料できるトライアルもあり。 

8月24日(火)16:59までの期間限定で通常月額1,980円→980円になるお得なキャンペーンも実施中。

途中解約もOK。まずは無料でお試し!

スタディサプリなら

ちょっとした隙間時間で

・単語力

・文法力

・リスニング力

・リーディング力

を鍛えることができます

これはまじですごいです!

アプリなので、電車の中でもいつでもどこでもできます!

僕もこのスタディサプリを使いながらTOEIC520点→TOEIC900点超えにあげました!

 

さらに最初の一週間は無料ですので、試すだけでもOKです!

リクルートが誇る最高のサービスなので、ぜひ試してみてください!

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)の公式サイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)