【結局これ!】本田圭佑から学ぶ効果的な英会話の学習方法とは?

『7日間無料』最強アプリTOEICスタディサプリENGLISHでTOEIC900点超え

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)の公式サイトへ

リクルート社が出している大人気アプリ、スタディサプリENGLISH

今なら7日間無料できるトライアルもあり。 

8月24日(火)16:59までの期間限定で通常月額1,980円→980円になるお得なキャンペーンも実施中。

途中解約もOK。まずは無料でお試し!

サッカー選手として日本だけでなく、世界中で有名な本田圭佑選手。

2018年ワールドカップロシアでの活躍する姿、とてもかっこよかったですよね。

さらにゴールを決めたあの瞬間は、観ていた日本人全員がガッツポーズをしたのではないでしょうか。

日本中がまさにスタンディングオベーション状態になったことでしょう。

現在は選手だけでなくサッカーチームの監督や事業家としても幅広く活動されています。

海外に普段から飛び回っているため、英語は必要不可欠であると思います。

いつも本田選手がどのように英語を学習しているのか。英会話に対しどういった意識を持っているのかを深掘りしていきます。

本田圭佑の英語学習の取り組み方

毎朝2時間を英語学習時間とする

時間は限りあるもの。後先考えずにまず行動してみる。

本田選手は、朝起きてからすぐに英語学習を始めているとのこと。

毎朝2時間は欠かさずに英語と向き合い、1日に英語を使わない日はありません。そのくらい日々の英語学習に高い意識を持って取り組んでいるそうです。

「毎日2時間なんてできないよ…。」と思われる人もいることでしょう。

しかし本田選手は、英語学習を習慣化しているため苦には感じていません。

英語学習のみでなく、何かを学んだり身につけるには習慣化して継続することがとても重要なことなのです!

始めたての頃はつらいと感じても無理はありません。

ですが、ある程度続けられれば本田選手のように学習を習慣化でき、いずれ生活の中で当たり前のこととして自然と学習する癖が身につきます。

習慣化することこそ、英語上達するために最重要なことであると言えるでしょう。

目標を設定している

夢を諦めるな、成長に囚われろ。

突然ですが、なぜあなたは英語を勉強していますか?英語学習する理由は何ですか?

英語を習得することで世界中の人とコミュニケーションをとりたい。仕事で英語を使う機会があるため。

人によって様々な理由や目的があることでしょう。

英語学習する目標をあらかじめ定めることで、学習に対するモチベーション維持や勉強効率につながります。

本田選手も同じく、英語学習する上で目標を持っているそうです。それは、「世界中の貧困問題に向き合い解決すること。」

もちろん日々のサッカー選手生活やビジネスの場でも必要になるのでそのために学習していることは間違いありません。

ですが、最終的な目標としては、世界中の貧困問題を解決するために英語を使って人々とコミュニケーションをとれるようになることだそうです。

今目の前にある目的だけでなくその先を見越した大きな目標を持っていることで、段階的に無理なく英語学習を続けていけるため今でも継続することができていると言えるのではないでしょうか。

自己流ではなく体系的な学習

1年後の成功を想像すると、日々の地味な作業に取り組むことができる。

本田選手は英語学習の方法までしっかりこだわっているとのこと。

自分なりにこれをすれば良いという学習法ではなく、ちゃんと効果の表れる学習法すなわち、自分がするべき体系的な学習の仕方に重きをおいて英語学習に取り組んでいるそうです。

英語を勉強するとなったら、とりあえず何かしらの学習を始めることかと思います。

「まずは単語帳から。単語がいくつか覚えられたら次は文法をやろう。」このようにあなた自身の考えでなんとなく英語学習を進めてはいないでしょうか?

英語を実際に勉強するという行動に移せていることはとても素晴らしいこと。

ですが、より効率的に効果のある英語学習をする上で大切なのが、「自分のやりたいことに沿って学習を進めるのではなく、自分が英語を習得するためにやるべきことに沿って進めること」です。

あなたが英語を上達させるために何をするべきか。どんな学習方法なら効果的に英語を習得することができるか。自分のやるべきことにフォーカスして勉強を進めていきましょう。

地道な継続

どうやったら勝てるか考えろ。進み続ける以外はないやろう。

要はこれです。

何かを達成したい、習得したいとなった時に1番やるべきことはひたすら継続すること。

本田選手も毎朝の英語学習やコーチングサービスを利用した勉強法を通して地道に毎日継続しています。

「継続は力なり」ということわざがありますが、まさに英語学習をする上で最も大切なことだと言えるでしょう。

新しい単語やフレーズを覚えた。次に声に出してアウトプット。そしてまたインプットを繰り返す。こういった地道ではあるものの継続することを辞めてはいけません。

継続することを習慣化できるようになったら、本田選手のように毎日の学習が苦に感じなくなります。

毎日10分でも良いので、まず最初のうちは同じことを繰り返すだけでもいいので、継続する癖を身につけられるようにして下さい。

本田圭佑が実際にやっている英語学習法

シャドーイング

今は苦しいですけど、真剣に向き合うことで見えてくることがある。

英語スピーカーの言った英文を後を追うように復唱していく英語学習法の1つであるシャドーイング。

ネイティブの発音だったり単語と単語の繋ぎ合わせで音を変えるリンキングだったりなど、英語のリスニングやスピーキングに慣れるために適した学習法です。

シャドーイングを行うことで、英文を聞きつつ声に出してアウトプットの勉強にもなることから英語耳を鍛えることが可能。

本田選手は自宅でも外出時でも時間があれば所構わずシャドーイングをする習慣をつけています。

アウトプットの時間が極めて少ないと言われている日本人にとって、誰もがやるべき学習法であると言えるでしょう。

シャドーイングをすることによって、本田選手は自身の英語力を日々磨き上げているのです。

瞬間英作文

結局、みんなが嫌がることを我慢してできるかどうかなんですよ。

聞いた日本語を瞬時に英訳して英文を作り上げるという英語学習法である瞬間英作文。

この方法は英語と日本語を同時に使うため、通訳の人もよく使っているものです。

話したい英語がパッと出てくるように何回もトレーニングすることで、英会話に必須な瞬発力を鍛えることができます。

瞬間英作文を繰り返すうちに自然と伝えたい英語が頭に浮かんでくるようになるので効果絶大。

また、瞬間英作文をすることの良さは瞬発力を鍛えることだけではありません。

自分で英文を頭の中で作ったものが仮に、参考書通りの答えではないが間違いでもないとします。

そしたら、こういった答え方もあるのかと新たに答えを1つ知ることができます。

この時点であなたは答え方の英文を2つ知ることができたと言えますよね。

瞬間英作文をすることで瞬発力とインプットの両方を同時に鍛えることができるため、ぜひ取り入れてみて下さい。

多読

「何か物足りない」って思ったら、自分のことを知らない環境に飛び込んでいってほしい

これは英語にとにかくたくさん触れること。

英文をひたすら見る。声に出して発声しながら読む。

多読することで身体全体が英語に慣れていきます。

また、英語脳を鍛えることも可能に。

英語に触れる機会を増やすことは、最初はなんとなく読むだけでも徐々に英語への耐久性がつくことに繋がります。

英語が苦手だった人でも、少しずつ英語というものに慣れることでいずれ多読することが苦に感じなくなることでしょう。

本田選手は生活のあらゆる場面で英語に触れる意識を持ち続けており、目や耳そしてジェスチャーの際に手を使ったりなど身体全体で英語を身につける努力をしています。

まずは短文やドラマのワンフレーズでも良いので、とにかく英語に触れる環境作りから始めましょう。

単語力をつける

リスクのない人生なんて、逆にリスクだ。

やはり言語を習得するとなったら単語力は不可欠。

更なるレベルの高い英会話をするためには、現時点で覚えている単語に加えもっとより多くの単語力が必要になりますよね。

本田選手は外国人と英会話する際に、なるべく多くの単語を言うように工夫して話しているようにみられます。

極力1度使った単語は使わないように別の単語を言うなど、常に自身の英語力を磨き続けています。

ネイティブが発した単語を繰り返し発声することで、自分の中に単語を落とし込むようにしているのでしょう。

自分の中でするべきことを意識して工夫しながら学習を進め、その都度学習法の改良をしていくことで効率的な英語学習を行っていることだと思います。

覚えたことを即アウトプット

ライバルに差をつけたいのなら、環境を変えてほしい。

鉄は熱いうちに打て!です。

覚えた単語やフレーズは覚えたての今この瞬間からどんどんアウトプットしていきましょう。

インプットしたものを頭の中に閉じ込めたままではやがて錆び付いてしまい忘れてしまいます。

本田選手もインプットした後すぐに声に出して英語をアウトプットしています。

これは非常に大切なことであるのですが、多くの人はできていません。

インプットしたらすかさずアウトプット。これを必ず常に意識し続けて学習を進めて下さい。

本田圭佑から学べる英語学習において最も重要なこととは?

継続

勝負を決めるのは準備。気持ちの準備以上のものはない

英会話を上達させる上で最も大事であると言っても過言ではないこと、それは日々の継続。

短期間で英語力を身につけることは不可能とまでは言いません。

ですが、それなりの多少の英語力をつけることしかできないでしょう。

ネイティブや相手の話している英語を聞き取り、返答できるほどの充分な英語力を得たいのであれば長期的に学習を続ける必要があります。

半年や1年、または1年以上の長期間をかけて学習していけば日常会話ほどの英語力は確実に身につくでしょう。

本田選手のように英語学習を毎日の習慣として考えられるようになれれば、継続も全然つらいものではないと感じられることかと思います。

小さな継続は大きな成功を生む。

英語力を上げたいのであれば、今この瞬間から動き出しましょう。

声に出してアウトプット

今は苦しいですけど、真剣に向き合うことで見えてくることがある。

覚えた英語をそのまま覚えただけの状態にするのは意味がありません。

大事なのは、インプットとアウトプットの繰り返し。

英会話というのは名前の通り、「会話」であって声に出して話さないと成り立ちませんよね?

最初のうちはしばらく独り言でもいいので声に出す癖をつけるようにして下さい。

アウトプットすることで英語を話す時の感覚がだんだんと分かっていきます。

目標を持つ

自分の夢、そんなに簡単に諦められるかって話でしょ。

先ほど本田選手には英語学習の最終目標として、世界中の貧困問題を解決することとお伝えしました。

本田選手の場合は世界規模の大きな目標でありますが、まずは割とすぐに達成できるような小さな目標から設定しましょう。

目標があることで日々の英語学習のモチベーションに繋がり、さらにそれが継続へと繋がります。

もちろん最初からスケールの大きい目標を掲げることもたいへん素晴らしいことです。

もし、あまり大きな目標を持ってしまったら継続できるか不安と思う人は、「自己紹介を上手にできるようにする」といった比較的達成しやすい目標をまずは設定するようにしましょう。

本田圭佑も利用!英語コーチングスクール「プログリット」とは?

短期間でやり抜く英語力を【PROGRIT(プログリット)】の公式サイトへ

 

本田選手は自身の英語力を磨くために、英語学習のプロ組織であるプログリットを利用しています。

プログリットとは、英語コーチングサービスの1つであり、個人に合った最適な英語学習法をプロの視点からアドバイスしてくれます。無料のカウンセリングもやっているので、初回の体験だけでも受けてみることをお勧めします。

プログリットは学習効率と学習時間を最大化することが重要だと考えており、効果の出やすい学習方法を担当コンサルタントが直接サポートしてくれるため、時間にも内容にも無駄のない英語学習が可能に。

個人専用のトレーニング法と教材を駆使し、より速く英語習得することができることでしょう。

英語学習において今の自分は何が課題なのかを科学的根拠に基づいて特定し、要は何が足りなくてどうするべきかを徹底的に指導してもらえます。

ぜひあなたもこの際にプログリットを利用してみてはいかがでしょうか?

言語習得する上で大切な心がけ

継続した努力をする

英語学習において努力は不可欠です。

努力といっても少し勉強を続けるだけでは効果はあまりでません。

ここでの努力というのは、短期間のものでなく長期間の努力です。

英語だけでなく言語を習得するには何千何万時間と必要になってくることは聞いたことあるでしょうか?

そうなのです。実際に私たちが日本語を習得したように、小さい頃から何時間も何年もかけてようやく話せるようになりました。

私たち人間は言語を習得する際に、長期間の努力と日数を重ねてきました。

日本語だとさらに、ひらがな、カタカナ、漢字と覚えるのに相当時間がかかる言語の1つとして言われていますね。

そのような最も難しい言語の1つである日本語をマスターできた私たちであれば、英語を習得するのも継続的努力をすればできると言えるでしょう。

継続することは、どんなことをするにしても超大事な要素であり、成長するために最も大きな武器となることでしょう。

恥ずかしがらず積極的にアウトプット

学んだことをいざアウトプットするとなると、最初は引っ込み思案になってしまいなかなか勇気が出ない人も多いことでしょう。

なぜ勇気が出ないでアウトプットをしないか、それはミスを恐れているからです。

言い換えるなら、常に完璧でありつづけたいと思うあまり、少しでも間違えてしまうと自信を失うことに繋がってしまいます。

しかし、外国人は全然ミスを気にしません。

むしろ悩んで何も言葉を発しない方が「意見を持たない人なんだな」と避けられてしまうでしょう。

覚えたことをアウトプットして英語を身につけるためには、どんどん失敗を恐れずにチャレンジすることが大事であると言えます。

分からない単語は即調べ

ネイティブや外国人が発した分からない単語は、分からないままにせずその場で即調べしましょう!

日常会話でネイティブによって使われる頻度が高い可能性があるので、調べて覚えていて損はなし。

本当に使う英語というのは、辞書やテキストに載っているものより、実際にネイティブが使った英単語なのです。

普段からあまり使用頻度の低い単語ばかり覚えていては、使い道に困りやがて忘れてしまうでしょう。

むやみにただフレーズや単語を覚える勉強方法はおすすめとは言えません。

しっかりと使われる単語なのかどうかを見極める必要があります。

目標をもつ

英語を習得する理由は何ですか?

言語習得の最大の意識は目標に沿って学習すること。

なんとなく英語を勉強したいという目的だけでは学習は続かないでしょう。

目標があるから人は何かを成し遂げようと頑張れるのです。

なかなか目標を立てたけど勉強が続かないという人は、最初は小さい目標を立てるようにしましょう。

コツコツとこなしていけば、やがて気づいた時には大きな目標をも達成することができているかもしれません。

自分に必要な単語を優先的にインプット

英会話をする上で、いくつか種類があります。

例えば、ビジネス英会話だったり日常会話など。

自分が英語を勉強する際に、何が具体的に大切か。これを考えながら学習していく必要があります。

ビジネス英会話が上達したいのであればビジネス向けの単語やフレーズ。

日常会話が上達したいのであれば日常的に使われる単語やフレーズ。

このように、自分が本当に必要なものに沿って学習していくことが重要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本田選手の英語に対する考え方や学習法を通し、なんとなくでも英会話上達のコツを見つけられたのではないでしょうか。

実際に外国の一流選手たちと英語でコミュニケーションをとり、積極的に学ぼうとする本田選手の姿勢を全ての英語学習者は見習うべきだと思います。

本田選手の意識の持ち方や行動力を参考にあなたも今この瞬間から英会話の取り組み方を変えていって下さい。

短期間でやり抜く英語力を【PROGRIT(プログリット)】の公式サイトへ

 

 

『7日間無料』最強アプリTOEICスタディサプリENGLISHでTOEIC900点超え

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)。

リクルート社が出している大人気アプリスタディサプリENGLISH

今なら7日間無料できるトライアルもあり。 

8月24日(火)16:59までの期間限定で通常月額1,980円→980円になるお得なキャンペーンも実施中。

途中解約もOK。まずは無料でお試し!

スタディサプリなら

ちょっとした隙間時間で

・単語力

・文法力

・リスニング力

・リーディング力

を鍛えることができます

これはまじですごいです!

アプリなので、電車の中でもいつでもどこでもできます!

僕もこのスタディサプリを使いながらTOEIC520点→TOEIC900点超えにあげました!

 

さらに最初の一週間は無料ですので、試すだけでもOKです!

リクルートが誇る最高のサービスなので、ぜひ試してみてください!

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)の公式サイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)